トラウトフィッシングでのパイロットルアーは釣り下手ほど必要

スポンサーリンク
超コラム

αトラウトです。

この記事を書いている最中はお昼も過ぎ、仕事もやる気もなくなんとなーく作業をしたいなと思い記事を書いております。

やる気?でないでない

もうお昼も食べちゃって満腹だし、寒いし、もうはやく夕飯にならないかな的な。

仕事とかできるだけしたくない的な?

ていうかルアー作りてぇよ的な?

そんな最中でも頭の中には釣りのことが浮かんでくる日というのがあるので、今回はトラウトフィッシングにおけるパイロットルアーについて考えてみました。

 

スポンサーリンク

トラウトフィッシングのパイロットルアーって何?

 

僕は釣りをはじめて一番はじめに興味を持った釣り用語が「パイロットルアー」というものでした。

なにそれ超カッコイイ。パイロットってすごい速そう!

っていう中学2年生レベルのリアクションバイトでこの言葉に釣られてしまったわけですが、この言葉のおかげで若干釣果が上がったわけです。

パイロットルアーって何?

パイロットルアーというのは、そのエリアの状況を探るために投げる一投目のルアーのことです。

なんてカッコつけて行ってますけどね、これもネットの知識。Google万歳です。

しったかぶって語ってみますが、パイロットルアーの役割は投げた時の風向きや強さ、水の流れ、魚のいるレンジ、ボトムの状況。そしてルアーがその日どのようなルアーに反応しやすいかなどを探るというもの。

つまり、お魚さんを釣るというよりは、釣り場の状況を観察するためのルアーということみたいです。

なるほど、そうなのかへーと思ってたんですが、これは釣りが下手な僕にとっては凄い便利なルアーだなと思ったんです。

パイロットルアーは釣り下手にこそ大事

釣り歴1年のへたくそトラウティストのαトラウト。

この文章を書いて見直すとジワジワと胸に響きますね。

これまだ自分で言ってるから良いですけど、他人に言われたら膝から崩れ落ちますね。事実ゆえに再起不能ですマジで。

 

まぁそれは置いておいて、パイロットルアーはエリアの状況を探れるわけですが、そもそも釣り下手が釣り下手たる一番の理由は「エリアの知識がない」ということじゃないかと思ってます。

何をしたらこのエリアにいるトラウトが釣れるのか?それがまずわからない。

トラウトが付きそうな場所が分からないし、何を食っているのかわからない。

ボトムの地形がわからないから根掛連発。流れがわからないから思った場所にルアーを流せない。

コメント