エクセル(X’SELL)の激安ウェーダーをレビュー

スポンサーリンク
その他レビュー

激安ウェーダー。

我々貧しき民にとって、ウェーダーは非常に頭を悩ませる問題です。

釣りを始める前、正直、ウェーダーまで買う必要ないかなと思ってたんですけど結局、釣りをするならウェーダーが無いと全然攻めれない場所があるんですね。

しかーし、ウェーダーはだいたい高い!

しかも調べたら消耗品で年一で壊れるとか言われてる!

うわぁ・・・数万円だしてそんなもの買えないよう・・・と思っていたわけですが、こいつならと思って買ったのがエクセル チェストハイ ウェーダー フェルトソールだったわけです。

スポンサーリンク

激安ウェーダーのエクセルについて

というわけで、X’SELL(エクセル)の激安ウェーダーを買ってきました。

タイプはチェスト・ハイウェーダー。

値段は4,230 円。

なんという安さ。これは神か!

って購入当時は思ってたんですけどね。

今改めてアマゾンで値段をみたら、なんかさらに値下がりしてる。

く、悔しい・・・おのれぇ・・・

 

まぁ実際、これより安いウェーダーもあったんですけど、スペックがどうにもいまいちだったんですよ。

でもこのスペックなら良いだろ!と思って購入に至りました。

エクセルのウェーダーの機能

エクセルのウェーダーの性能は結構充実してます。

ウェーダーは消耗品と割り切って安物を使うって手もありますけど、値段の割にはかなり機能が充実しているし、修理キットも初めから付いているのがありがたいですね。

インナーメッシュ付

 

このウェーダーを選んだ一番の理由はインナーメッシュ付です。

 

ウェーダーは初めて買ったんですけど、やっぱりこのネットの時代は購入前に色々調べられるんで、僕も色々と調べてたんですよ。

「まじか・・・うわ・・・まじか・・・」みたいな感じでね。

そこでまず気になったのは。ウェーダーは夏場にものすごい蒸れるっていうこと。特に激安ウェーダーは。

うわそれまじかー。これやばいなー。

蒸れるのは本当に勘弁してほしいなーと思ったら、メッシュ付きのウェーダーがあるらしい。

おお、これならと思って決めたのが一番の理由です。

通気性の良い素材として浸透性のゴアテックスなんかもあったんですが、ゴアッテックスとなるとやっぱり高くなってしまって予算オーバー。

 

かといって激安ウェーダーだとナイロン素材っていうだけで、冬は寒いし夏は蒸れて熱い。もう最悪。

 

けどナイロン素材でも、メッシュ付きなら蒸れる心配はない。

で、ナイロンと直接触れないで済むから、水もそれほど冷たく感じないっていう利点もあったり。ハイテクってわけじゃないけど、メッシュを付けるだけで安心して使える便利な機能ですね。

フェルト底

 

次に良かったポイントがフェルト底。

これも買う前に調べたんですけど、フェルトソールじゃないと川では滑るからだいぶ危ないらしい。

ほうほう、じゃぁフェルトソールだな。

と思ったら、エクセルのウエーダーもフェルトが付いている。

おおこれはラッキーって感じでした。

ポケット付き

これも結構重要なポイントでした。

ウェーダーを着るってことは、やっぱり水の中に入っていくってことだし、スマホとか落としたらやだなーと。

だからポケットは絶対欲しいと思ってたらこれもついてる。

OK条件はマスター・コンプリート。

これならいけると思って思い切って買ってみました。

コメント