釣り動画で使えるアクションカメラって何が良い?

スポンサーリンク
タックル考察

どうもαトラウトです。

早速ですがね、アクションカメラを持っておりません。

なのにユーチューブなどで釣り動画を撮影してはこちらのブログに張り付けているわけですが、基本的には手持ちのアイフォンを使用して撮影していますよ。

ただ、やっぱり専用のアクションカムが欲しい。

釣り動画を撮影したりだとか、なんか色々なコンテンツを作るうえでも、もうアクションカム(ウェアラブルカメラ)は必需品になってきている気がします。

スポンサーリンク

アクションカムが欲しいけどそんなお金がない

釣り動画を撮影するなら、どうしやってアクションカムがないと良い絵が取れなかったりしますね。

それに一応釣りユーチューバーの末端中の末端として活動しているわけですから、一応それなりの画質の動画を撮影しておかないとならないわけです。

しかし、そんな高価なカメラを買うお金がないわけですよ。

溜まるのはストレスばかり、僕の預金残高実況動画でも作ろうかと思う位スリリングな日々。

だったら、いっそのこと安いアクションカムがないのか?

動画撮影をしようにもウェアラブルカメラはやたら高いですし、HERO6とか3万位するし、貧乏な僕ではとても買える値段じゃないわけです。

というわけで、貧乏人が釣りユーチューバー+ブログコンテンツ増強のために動画を撮影するためのカメラをとりあえず探し、自作などについても検討してみましたよ。

Apeman A10は釣り動画撮影におすすめ

APEMAN アクションカメラ 4K WIFI搭載 2000万画素 UHD 2インチLCD 画角調整可170度広角 30m防水 手ブレ補正 HDMI出力 スポーツカメラ バイク/自転車/車に取り付け可能 アクセサリー多数 専用ケース 1050mAhバッテリー×2 ウェアラブル アクションカム (ブラック)

調べてみて一番気になったのがAPEMANから発売されているアクションカムです。

値段はだいたい5000円程度という格安製品。

もちろんこれ位の値段になると中華製品になってしまいますが、それでも結構機能が充実していて、レビュー評価なども高いですね。

スペックはかなり優秀

中華性アクションカムなんて、どうせ安いだけで使えないんでしょ?

とか思ってたんですけど、お値段わずか8000円代とは思えない位高いスペックを誇ってますね。

これはいよいよ中華アクションカムも侮れなくなりました。

4K動画撮影可能

この価格ですでい4K動画が撮影可能。

動画は20MPなのでそれなりに滑らかですし、最大170度の超広角レンズも付いているのでカメラの向きをあまり気にしなくても済みそうです。

最大40mの防水

釣り動画といえば、やはり水中撮影なんかも楽しみたい。

という時に、この最大40mまでの防水機能か役に立ちそうです。

防水だけでなく防塵・対ショック性能も高いので、転んだりしても大丈夫そうですね。

手振れ補正機能

手振れ補正機能は当然搭載しています。

アクションカムでこれがないと船酔い動画しかとれませんしね。

釣り動画って、バイクほどにないにせよ、結構画面がグラグラしたりしますし、手振れ補正はやはりあったほうが嬉しいです。

Wi-Fi対応

やっぱり手持ちのスマートフォンでカメラの位置を確認できたほうが撮影は楽ですね。

とくにヘッドセットでアクションカムを装着するときには、この機能が無いとかなり辛そう。

僕的には胸元に固定したりする場合は別に要らないかなと思いますが、釣り動画ではよく頭に付ける人もいるので、やっぱりWi-Fi対応しているほうがいいです。

アクセサリーも充実

アクセサリーの充実度もかなり重要かなと。

コメント