ハイドラムってかなりレア?今一番熱いジョイントプラグ

スポンサーリンク
未分類

最近トラウト界隈、特にエリアを騒がしているヴァルケインのハイドラム。

このゲームオブスローンズに出てきそうなルアーは、すでに渓流トラウト界隈にもその噂が響き渡ってきています。

そこで調べ手見たところ、かなり恐ろしい事実が判明したというか。このルアー、もはや本気で神域の領域にやってきているかもしれない。

そんな恐ろしい状況にやってきているので、早速ハイドラムについての記事を進めていこうとかと思います。

スポンサーリンク

ハイドラムの人気が半端じゃない状態にある

(引用元:上州屋)

まず皆さんに先にお伝えしたいことがあります。

いえ、もはやご存知の方も多いかと思いますが、現在DUOが販売するこのハイドラム、信じられない高額取引が続く超レアルアーとなっています。

その価格、もはやレイドのダッジ、もしくはガンクラフトのジョイロクレベル。

いえ、どちらも大型ルアーである販売価格も限定カラーも登場しているのでわかります。

しかし、このハイドラムは特別限定モデルも一切なし。

販売価格は1700円。ミノーとしては高めだなと僕は思うんですが、これが各オークションサイトで5000円以上の値段が付く超レアルアーとなっているのです。

販売してから数か月で、もはや6倍以上の値段に跳ね上がっているわけですよ。

こんなバカみたいなトラウトルアー、今まで一度も見た事がない。

販売が開始されれば即売り切れ。ネットでの通販は数カ月間不可能な状態が続いている人気ぶり。

一体このルアーのどこがそこまで人気を呼んでいるのか?

というか、そんな高価なルアー本当に釣れるのか?

貧乏人であり、普段から激安ルアーを使っているαトラウトは非常に疑わしいと思っています。

しかしですよ、もし見つけたら絶対欲しい。

でも絶対5000円も出したくない。と思っているわけで、そんな欲望を軽く満たすため、今回は徹底リサーチを行っていきたいと思います。

ハイドラムとは?

(引用元:上州屋)

まずは超高額取引が行われている件はひとまず置いておいて、ハイドラムの基本について知っておきましょう。

ハイドラムはDUOから2018年春に販売されたルアーで、本来はエリアトラウト用のもの。

販売元は我ら貧乏アングラーの味方DUOが持つエリアブランドであり、ハイドラムも又、本来はそれほど高価なルアーでは無かったのです。

4連のジョイントプラグ

ハイドラムが注目された理由は、エリアトラウト界初となる4連ジョイントプラグだったことです。

いままででエリア用ルアーのジョイントは2連が普通。

ところがハイドラムは4連ジョイントという非常に珍しい設計だったのです。

この4連ジョイントによりアクションはクネクネと生命観に溢れ、ひたすらにヘビっぽい。

ひたすらにのニョロニョロルアーというか

やはりトラウトにはその怪しすぎる動きがとても効果的なのです。

クランクベイトのリップを持ったミノー

ハイドラムのリップはかなり変わってます。

まず角度が普通のミノーよりも浅いこと、そしてかなり長いこと。

このリップ形状は初めて見ましたが、コンセプトはクランクとミノーの中間。

スローリトリーブでも確実に動き、潜航深度もミノー以上。

フローティングであっても表層から中層までゆっくりと狙えるルアーなのです。

開発者の菊池氏いわく

「エリアでのルアーローテーションの最中に、ミノーとクランクベイトの中間のルアーが欲しかった」

とのこと。

ただ、個人的には、そのコンセプトが先にあったのか、それとも後にきたのかは謎。

そもそも4連ジョイントのプラグを確実に、大きく動かすためにはリップ角度は深く、長めに取り、とにかく頭を左右に振らせて、その動きを後ろに伝えるしか無いとも思えますから、最初っからクランク作るつもりじゃなくて、小型ビックベイト作りたかったんじゃないかな?とか思ったり。

コメント