鱒レンジャーCT50でベイトフィネスやった感想

スポンサーリンク
ロッド

鱒レンジャーCT50ダークナイトを使いベイトフィネスをやってきた感想について。

前回、今年の初の渓流釣行ながら、タックルも含めて全て始めて尽くしでしたね。

初めてのベイトフィネスだったし、リールも初のロキサーニBF8。

しかもロッドは鱒レンジャーCT50ですよ。

昨年から鱒レン使いとして渓流釣行を重ねてきた僕ですが、今年の一発目もやはり鱒レン。

ただ、今回はベイトロッドの方なので、ようやく実釣に至ったこともあり渓流でのインプレッションを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

鱒レンジャーCT50ダークナイトを渓流ベイトフィネスで使う?

渓流ベイトフィネスは何かとお金が掛かる。

そう思っていた僕にとって、神が差し出したのが鱒レンジャーのベイトもであるCT50ダークナイトでした。

かの有名なバットマン映画「ダーク・ナイト」から間違いなくパクってきたネーミングセンス。キャッチコピーは

「新たなレンジャー、闇より来る」

というもので、これでもかと言う位のヒーロー感を出してます。

しかし、その実態は実売3000円以下の激安グラスロッドというのですから、もはや高度なギャグだと判断するしかないんのです。

実際に鱒レンジャーのベイトを渓流で使ってみた感想

渓流ベイトフィネスは敷居があまりに高すぎるため、僕のような渓流中級者にもなれない新参には非常に入りにくい世界。

おまけにタックルも軒並み高く、まさに金持ちの道楽状態なのですが、ここにきて小渓流ならギリギリ使えるロキサーニBF8を手に入れた僕。

だったら鱒レンジャーで激安の渓流ベイトフィネスをやるしかないと勇んで渓流に行ってきました。

鱒レンジャー・ベイトモデルのナイロンラインでの使用感

まずは普通にナイロンラインを使った時の使用感です。

使ったナイロンは8lbで、場所は渓流や本流、湖などです。

湖のほうでは釣果は上がりませんでしたが、渓流では鱒レンジャーCT50+ロキサーニBF8のコスパ重視渓流ベイトフィネスで一匹ニジマスが釣れました。

使ったルアーは4g~7gのスプーン。

4~5gのシンキングミノーに、あとは6g~8gの小型トップウォータープラグですね。

感度が地獄のように悪い

その結果といえば、やはりナイロンの感度は地獄のように悪いです。

スピニングも鱒レンジャーも感度がまるでありませんでしたが、その性能は鱒レンジャーのベイトモデルにも継承されてしまいました。

もうこれは仕方がないというか、皆さまも経験があるでしょうが。

自分の父親や祖父がハゲでいたら、当然自らもハゲゆく運命というか。

どうしようもない。こればかりは避けようがないので、ひたすら育毛剤を使ったりシャンプーで気を使ったりするしかない。まったくいらないアビリティを無理やり継承されちゃうこのシステム。本当に遺伝って理不尽。ゲームシステム狂ってるよほんとうに。

そんな僕も、うちのじいちゃん二人ともハゲてたから幼少期からシャンプーで爪を立てない作戦を永遠とやって運命にあらがってきましたし、この鱒レンジャーCT50も普通にナイロンを使っていたら、あっという間に毛根がなくなる。いや、感度がなくなる。

ファーストヒットでニジマスを掛けたときだって、最初は根掛かと勘違いしたレベルでしたし、そのあとモソーっと動いてからようやく魚だと気が付きましたよ。

コメント