ラパラのカウントダウンエリートをインプレッション!今年の初フィッシュはバルサで行くぜ

スポンサーリンク
ミノー

ラパラから新しく発売されたカウントダウンエリートのインプレッション記事になります。

てなわけで、前回は購入したCDE75をじっくり観察しましたが、もはや見ているだけでお腹がいっぱい。ぶっちゃけ実釣なんかしたくないαトラウトです。やめて!もう傷ついたルアーを見たくないんだ!

まぁね、本当にそれくらい良いルアーなんですよ。

見た目もすごくカッコイイし、バルサだし、ラパラだし、カウントダウンだし。もう使わなくたって言うことなし。はい100点。

それに無くしたら、本当に精神的ダメージがデカすぎる。

だって僕はこの一個しかもって無いんですよ?

金なくて2個買えなかったからね?まじで?

そんなものをロストしたら

まじで明日から仕事できなくなるどころか、鬱すぎて1000年くらい目覚まさないし、目覚めたらコロナで地球が壊滅しているに決まってる。

と、ルアーロストから終末予想にまで一気にたどり着ついた月刊ムーことαトラウトです。

そんな都市伝説を持つラパラの新作、カウントダウンエリートのレビューをしたのが前回。

しかしレビューだけでは足りないし、使い勝手などを紹介するため、ロストの恐怖に怯えながらインプレッションを行ってきました。マジで大変だったよ。

スポンサーリンク

カウントダウンエリートのインプレ動画も作ったよ

今回はカウントダウンエリートのインプレ動画もつくっておきました。

アクションの様子や実釣シーンなども撮影しておいたのでご堪能ください。

カウントダウンエリートを持って今年初の本流へ

というわけで向かったのはウチの近所のド本流。

例年なら、まだ氷が張っていてルアーすら投げれない場所ですが、今年の北海道は雪が異常なほど少なく、3月上旬だっていうのに水が見えています。自然の中で遊ぶ人間にとっては、地球温暖化の影響は簡単にわかってしまいますね。カウントダウンエリートをなくさなくても、地球最後の日は近いかもしれません。

しかし、そのおかげでこんなに早く渓流で釣りができるのだから、デメリットばかりでもない。

と自分に言い聞かせつつ、林と雪をかき分け、ようやく入渓。

水量は上がりつつあるけど、氷がまだあるから、川岸はかなり高くなっている。

いつもウェーディングばかりしてるから、足場が高い所での釣りは苦手です。

けど、まだまだ魚は釣れないだろうし、どうせランディングのトラブルとかは無いはず。ていうか時間もないし、とりあえず小一時間カウントダウンエリートを投げてみましょう。

ちなみに購入レビュー&解説動画については前回の記事にて紹介しています

カウントダウンエリートのインプレッション開始

1965年。世界中を驚かせたシンキングミノーの傑作、カウントダウンシリーズ。

シンキングミノーの重要性にいち早く気が付いたラウリ・ラパラが生み出したバルサミノーであり、もはや説明するまでもない、生きる伝説的なルアーです。

カウントダウンシリーズはルアーフィッシング聡明期を支えた重要なルアーであり、30代のアングラーは大半が神とあがめるミラクル・ジムこと村田基も、人生で初めて使いバスを釣ったルアーはカウントダウンだと公言していますね。

それから55年。

生きる伝説ともいうべきカウントダウンシリーその設計を1から見直し、現代の釣りでも通用する最新のバルサミノーに変貌させようという計画のもと生まれたルアー。

───それが、カウントダウンエリート。

当時は不可能だった技術と素材を使いカウントダウンをアップデートした上で「クラシックとはまるで別のルアー」になってるそうですよ。

まぁ見ただけで「いやもう、これはカウントダウンなのか・・・?」と疑うような外見でしたが、動きのほうも別ものなのか気になりすぎて、氷がまだ解け切らない本流で雪の中キャストをしてきました。

カウントダウンエリートのアクションはローリング系だった

新に登場したカウントダウンは、ローリング系のカウントダウンとなっています。

まさか、いやいや、あのカウトダウンがローリングするわけ無いじゃない

とお思いの人は一回使ってみてください、マジでローリングします。

コメント