ラッキークラフトのサミーは何時も僕のベストペンシルベイト

スポンサーリンク
トップウォーター

今回はラッキークラフトのサミーについて色々と語っちゃいますよ。

さて、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

僕は最近色々とショボい企業の準備をするべく様々なところを走り回り、もう日曜日には大体くたびれてまともに動くことができません。

まぁ企業つったってお店をやるだけの話なんですが、その点についてはおいおい説明するとして。

もう釣りに行くヒマもないし、それでも釣りに行きたいので、とりあえず溜まりまくってる各サイトの更新作業なんかやりながら、ルアーを眺めつつ精神を癒していました。

で、そんな時に良く眺めるのが、このラッキークラフトのサミーですよ。

今年はこいつでナマズを一匹釣りたい!とか言ってたのに、まさかの忙しさで釣りに行くことすらかなわず。

まぁ来年もあるし、そもそもサミーは子供の頃から散々使い倒してきたルアーだから、そう急ぐこともないんですね。

それに、ナマズだけじゃなくて、トラウトだってサミーは使えるし、今シーズンはまだサミーを使うことが多い。

というか、僕は本当にサミーが好きなんだなぁと思う。

というか、ここ最近自分の中でラッキークラフトのリバイバルブームが来ちゃってるから、サミーだけじゃないんですけどね。

それでも、僕にとってはラッキークラフトといえばサミー。

というか、ペンシルベイトといえば。

いや、トップウォータープラグといえばサミー。

というか、こんなにサミーだサミーだと煩いやつはオッサン以外居ない気がする。

なんかネット上で年齢不詳の釣りガールとかに絡む時に、好きなルアーを聞いてもし「サミーです」とか言われたら、ひそかにバーチャル女体化おじさんの可能性を疑ってしまう。

という位、最近のキッズには「サミーってなに?」と言われちゃうこのルアーについて思いを馳せてみたいと思います。

スポンサーリンク

ラッキークラフトのサミーとは伝説の国産ペンシルベイト

サミーはラッキークラフトから発売されているペンシルベイト。

平な背中に反り返った腹部が特徴で、口の部分にカップが付いているこの姿をみれば、世のオッサンがたは100メートル離れていようが「あ、サミーだ」と気が付くと言われています。

それくらい有名なペンシルベイトなのですが、サミーが最も売れたのは20年程前の話。

今ではラッキークラフトの名前も殆ど聞かなくなり、ついにサミーを使うアングラーも数少ないものとなりましたね。

そんな中、北海道は道北地方で、なぜかサミーを投げまくる貧乏人、αトラウトは

「北海道でもサミーさえ投げてればなんでも釣れるんだよ!」

と普段から豪語してるわけですが、いくら何でも言い過ぎです。

さすがにサミーだって釣れない魚位いるし、いつだって使えるルアーじゃない。

けれど、僕がサミーに寄せる信頼度というのは、マジで他のルアーの追従を許さないレベル。

トップウォーターじゃまず間違いなく一番釣れるルアーだと確信すらしています。

おっさんが大好きなサミー

ラッキークラフトのサミーはすごい!

なんて、Twitterでは色々と叫びガチな僕。

まぁ色々と布教精神溢れるタイプのオタクなんで、サミーも例にもれず時折布教に精を出してたんです。

で、反応してくれるのは30過ぎのオッサンばかり。

「サミーいいよねー」と言ってくれてとても嬉しい。

しかし、20代、もしくは10代のアングラーからはまったく無視される。

というか「え?サミーってなに?」とすら言われてしまうレベル。

くそ・・・そういえば、最近20代の子にうっかり「そういえば昔は抜刀術やってたよ、でも普通は左足から踏み切るんだけど、右足から踏み切るとかさー」とか口走り「え?αさん居合やってたんすか?」と言われて一瞬で会話をとめたよね。あぶなかった。おじさん天翔竜閃のモノマネして大滑りするところだったよ。

コメント

  1. ばんぱく より:

    ホントにサミー好きなのねー(笑)
    自分のラパラCDLoveといい勝負
    自分はペンシルベイトなら
    ティムコのレッドペッパーかな?
    使い方が楽なんで

    • αトラウト より:

      レッドペッパーもいいですよねー、なんか小さいの出たんでトラウト用に買おうかと画策しております!