カウントダウンエリート55 を渓流インプレ!

スポンサーリンク
ミノー

カウントダウンエリートで渓流初フィッシュした話と新チャンネルについてのお話です。

ついに、ようやく、いよいよ渓流シーズン開幕。

このブログ記事を書いている現在、道北地方の渓流は怒涛の雪代地獄に見舞われていますが、おかげで魚の活性もあがり、お店にいらっしゃるアングラー達から「初フィッシュキメてきた」という声が聞こえるようになりました。

じゃぁ僕のほうはどうかというと

やりましたよ、ええ!初フィッシュ!

しかもカウントダウンエリート55でね!

──てなわけで、カウントダウンエリート55で初フィッシュを決めてきた経緯やら、このルアーについて書かせてもらいますよ

ちなみに前回の購入レビューはこちらです

スポンサーリンク

カウントダウンエリート55の水中アクション&新チャンネル設立

てなわけで今回も動画を作ってきたわけですが、あれ、なんかチャンネル違くない?

ていうかテイストも全然違くない?なんかぜんぜん喋らなくない?

って思ったかもしれませんが、そうです。

新チャンネル、作りましたよ。

絶対更新はかどらないけど、素でやってる本チャンネルとは別に若干作ってる無理して出しつつやっていこうと思います。

カウントダウンエリート55の特徴

実際にカウントダウンエリート55を使いましたが、渓流での使用感はかなり良い。

一般的に言われる「渓流ミノー」とは違うけれど、様々な場所で使える万能性能が魅力の小型ミノーって感じですね。

特にフラッタリングがしっかり出るところ、トップクラスのただ巻性能、バルサとは思えない圧倒的な飛距離が魅力。


渓流魚はもちろんですが、特にニジマスに効果的なミノーという印象を受けました。

バルサとは思えない圧倒的な飛距離

まずはキャスト性能ですが、これは抜群んですね。

過去のCD5と比べると飛距離の差は歴然。バルサというよりインジェクションのヘビーシンキングミノーくらいかっ飛びます。

やっぱり比重が5g以上になったのと、リップが小型化したことが大きいですね。

リールやロッドを問わず飛距離を出せるので「バルサは飛ばないからなぁ」と思っている方にはぜひ試してもらいたいです。

誘惑度満点のフラッタリング&フォール

続いてフォールですが、重量に対しては遅く、フラッタリングが大きい感じですね。

水中撮影で見てみると抜群のフラッタリングで、これはフォールで魚を寄せる能力がだいぶ高いと感じました。

最近の渓流ミノーイングではフォールを多用する釣りが流行ってますから、このミノーは今の渓流にジャストなアイテム。

僕もフォールは良く使うほうなので、このフラフラ感は頼りになりますよ。

バケモノ級のただ巻性能

カウントダウンエリート55を使って一番「すげー」と思ったのは、やっぱりただ巻性能の高さですね。

とても5g 以上のシンキングミノーとは思えないローリング強めのウォブリング。

アップクロスに投げたあとただ巻をすると

「これフローティングだっけ?」

という圧倒的なレスポンスを見せてくれます。

つまり、フォールと巻きを多用するような釣りにとても向いている。

渓流のみならず、管理釣り場でも活躍しそうです。

トゥイッチの動きも滅茶苦茶に良くなってる

続いて渓流ミノーイングでは主流の連続トゥイチ。

これも以前のCD5よりも反応が良くなっており、体を倒してガンガンにアピールしてくれるようになりました。

やはりフラットサイドボディは渓流では正義なのか?

ただ、後方重心の薄型ミノーに比べると若干キレは劣る気がしないでもない。

カウントダウンエリート55は渓流では使えるのか?

というわけで実釣でニジマスを釣ってきたわけで、使用感はかなり良い。

さらに他のルアーにはない見た目の良さも相まって、今年買った渓流ミノーでは一番のお気に入り。

まず良いのがただ巻性能の良さですね。

以前のCD5も良かったんですが、エリート55はその上を行くレスポンス&安定性。

これがニジマスを釣る場合にはかなり良くて、とりあえず巻いて、時々フォールを入れたり、トゥイッチを入れるのがメチャクチャに効きました。

ヤマメやイワナを釣る場合もただ巻性能を生かした釣りが得意で、なおかつトゥイッチの反応も良いから様々な攻め方ができます。

ただし、重量の割にフォールが遅いため、深い場所を攻めるのは苦手。

そこまで深くない場所に向いてますね。

たぶんこのルアーが一番向いてるのって、水深のあまりない本流でしょう。

ロングキャストから安定感抜群のただ巻で誘い、トゥイッチをいれつつ石の裏とかでフォール。

とくにニジマス系には絶対の信頼感を持って使えるルアーなんで、C&R区間や北海道のニジマス河川では便りになるルアーと感じました。

ただし、バルサなんで当然リップは取れやすいでしょうね、ゴリッゴリに岩に当てるような使い方はやめといて、同じラパラならソリッドシャッドとかでやりましょう。

まぁね?

性能云々もあるけど、とにかく

見た目が最高ってことだけは言っておきたい

これで釣りたい!というアングラーの釣り欲をガンガンに掻き立ててくれるし、いいねぇ、ほんと。

カラーバリエーションも豊富だし、一個といわず全色集めたくなります。

コメント