渓流でスプーンを使う基本とデメリットやメリットなど

スポンサーリンク
タックル考察

ヤマメやイワナを狙う渓流ルアーフィッシングの中ではイマイチ人気が無いルアー、それがスプーン。

ぶっちゃけ1位はミノーで、2位がスピナー、そして3位がスプーン位の勢いかも。

けれど、渓流をスプーンからはじめてから未だにスプーンを使い続ける僕からすると

なんかスプーンの扱い、みんな悪くない?

と思うんですよね。

なんだろう、なんか忘れられガチというか、使うの後回しにしがちな気がする。

けれど、渓流ルアーフィッシングのスプーンはかなり便利なアイテムなんで、今回はその点について詳しくご紹介

スポンサーリンク

渓流におけるスプーンのメリットとかを喋った動画

渓流でスプーンについてのライブ配信をやっていました。

普段はふざけた配信しかやってませんが、たまに真面目なことを喋るんですよ僕は。

でまぁね?

ヤマメやイワナを狙う渓流ルアーで使うスプーンというのは、大抵2~7gのタイプです。

特に出番が多いのが3g~4gのタイプ。

この2つがあれば、大抵の渓流はカバーできると思います。

ただし、スプーンはミノーのように「重かったら底を攻めやすい」の理論があまり当てはまらないケースも多いので、次のポイントをしっかり覚えておきましょう

肉厚と肉薄タイプ

渓流用のスプーンは普通のトラウト用スプーンとは違い

なぜかボディの分厚い「肉厚タイプ」があります。

有名なところだとダイワのクルセイダー激アツなどですが

どのメーカーのスプーンも、やけに分厚いタイプのスープを売っていたりしますね

というか、全体的に見ても、管理釣り場用のスプーンと比べると、渓流用はどれも若干分厚めに作られているものが多い。

そのぶん表面積は小さい・・・ってタイプが多いのですが

これ、ようは

「流れの中でも簡単にボトムが取れるように」

って理由で肉厚気味の設計になってるんです。

でまぁ、わざわざ説明するまでもないですが

スプーンのフォール速度は「重量ー表面積=沈下速度」

つまり、同じ重量であっても、幅広いタイプほど沈下が遅く、逆は速い。

だからこそ、同じ3gでも肉厚タイプにして、表面積が小さいスプーン。

つまり沈下速度が速いスプーンが重宝されてるわけです。

他にも、流れの中でダウンクロス気味に引いた時、浮き上がりにくいのも肉厚タイプ。ボトムを攻めるという点で、スプーンを使うなら表面積が小さいやつほど利点が大きいわけです。

肉厚タイプばかり買うのはダメ

しかし、「そうか、渓流は肉厚系のスプーンが良いのか!」

と思って肉厚タイプばかり買うと、実釣で使いにくい場面が出てきます。

というのも、渓流はどこでも水深が深いわけじゃない。

というか、その大半がひざ下ほどの水深しかない場所ばかりだからです。

他にも、雨がふらずに水位が下がっている時もあるので、ボトムに一気にルアーを落とせば釣れる!なんて場面は逆に少ないんですよね。

で、水深が無い場所で、肉厚系を使うと、あっという間にボトムに着底してしまい、根係の原因になるのでストレスがすごい。おまけに塗装もどんどん剥げる。

そして

肉厚タイプは沈下速度と引き換えに、ただ巻性能が落ちています。

スプーンの表面積が削られた結果なのですが、このせいで水深が浅いところでは使いにくく、ルアーを動かすためには、いつもより速く巻く必要が出てきます。

また、肉厚タイプはフォールでのアピール時間が短いので、活性が低すぎる時には効果を発揮しにくい。

つまり、肉厚は確かにボトムにいる魚の前にルアーを送り込みやすいものの、万能タイプではない。

したがって、渓流でスプーンを買う場合には、肉厚タイプばかり買うのはおすすめしません。むしろ、普通の渓流用スプーンをそろえ、その中に1個だけ肉厚タイプがあれば良いな位ですね。

渓流スプーンの基本動作

渓流でのスプーンを使った釣りでは、まずはリフト&フォールを試してみましょう。

なんで?ただ巻きじゃないの?

て思うかもしれませんが、実際渓流ではコイツが一番効果的だったりします。

フォールで寄せて、リフトで食べさせる

渓流での釣りは上流側に投げたのち、流れに乗せてルアーを動かすことが多い。

この時、最も長い間魚にルアーをアピールできるのがリフト&フォールです。

やり方は簡単で、上流に投げたあと、流れに沿わせながらロッドを上下するだけ。

コメント