【スミス】僕の愛用渓流ランディングネットがこちらです【ラバーネット】

スポンサーリンク
その他レビュー

今回は僕が愛用のスミスのラバーネットについての紹介です。

渓流アイテムの中でもランディングネットはかなり重要な代物で、ロッドより値段が高いネットを使っている人もチラホラ。

なんせ渓流のネットはハンドメイド系が多いんで、信じられない超高額ネット(うん十万円)なんてのも見ることがあります。あれはやばい。

しかし、そんな金の無い私は歴代にわたり激安ネットを愛用していますが、今使っているネットは割と北海道の渓流では使いやすい代物で、けっこう気にいってたりします。

スポンサーリンク

渓流で愛用中のスミスのラバーネット

今渓流で使っているのはスミスから販売されているラバー製ランディングネットです。

値段はだいたい3000円前後で、グリップがEVA(スポンジみたいなやつ)のタイプをメインに、コルクグリップのモデルも発売されています。

で、僕が使っているのがコルクグリップのバージョン。

サイズは300H×380Wですが、金属パイプ製品なんでかなり軽いです。

ちなみにこちらは、渓流専用モデルというワケではありません。

おかっぱりで使う人はそう居ないでしょうが、バスならカヤックやフローターに乗せるネットとして使う人が多いかな?

使用期間は1年以上ですが、今のところ目立った劣化も無いですね、コルクも割れてない状態。

ちなみにこちらは、ブログの収益で買わせていただきました。みなさまありがとうございます。

スミスのラバーランディングネットの良いところ

このランディングネットはスミスの公式ページで姿を見た事が無いのですが、釣り具屋さんやらネットやらで本当に良く見るアイテム。

おそらく売れてるのは間違い無いんでしょうが、同じタイプや価格帯のプロックスの激安ラバーネットと争っているように見えるので、個人的に「ラバーネット2台巨頭」と呼んでたりまします。

で、そんなアイテムを実際に使ったところ、やはり使いやすいと感じる所が多く、今後も使用を継続する予定です。

値段がメチャクチャに安い

スミスのラバネットの良いところは、何においても安さです。

しかも製品が悪いから安いってわけじゃなくて、滅茶苦茶しっかりしてるのに安い。これがGOOD。

ラバー製のネットは結構高いものも多いし、なにより数がそう多くない。特に渓流用は・・・

しかし流通量もしっかりあって安いスミスのネットは有難いですね。

ラバーネットだけど軽くて渓流での持ち運びが簡単。

ラバーネットの嫌なところは、やっぱり重くてかさ張る所。

ウッド+ラバーの組み合わせはかなり重いんで、渓流で使うのシンドーという僕みたいな貧弱ボーイも、このネットなら楽ちんです。

やっぱ軽いとネットが衝撃でリリーサーから外れたりしないし、良いですねうん。

前使ってたウッドは見た目がカッコ良かったんですが、滅茶苦茶重かったからね・・・それからこのネットにしたら軽くて有難い。

ラバーネットはフックが絡まない

ラバーネットの良いところは、なんといってもフックが絡まないことです。

これが良くてこのネットを買ったと言っても過言じゃないですね、うん。

今まで安い普通のネットを使ってきたんですが、やっぱりフックがネットにグルングルンに絡まってしまうのが辛い。

コメント