【Jackson】メテオーラ52の人気が高すぎるんですが実際どうなん?【渓流ミノー】

スポンサーリンク
ミノー

ついにJacksonで大人気の渓流ミノー「メテオーラ52」のレビューをさせて頂こうかと思います。

メテオーラといえば、ここ最近大人気の渓流ミノーであり、売り切れ続出、転売続出のやべーやつですね。

しかし、人気だと知っていても、別に僕は買う気は無かった。

「いや別に良くない?流行りは流行りでしょ?僕は僕の釣りを貫くだけだから」

と、売れたらダサいとか言い出しそうな痛いインディー系アーティストぶってメテオーラーのことを俄然無視していたんですね。

ところがです。

先日ステッカーを送ったお礼にと、なんとあの大人気のメテオーラーを頂いてしまったわけです。

「いやー別に興味ないけどー?メテオーラ?いやー本州では大人気っていうけど、ここ道北だしねー、どうかねーメテオーラ?いやーぜんぜん嬉しくなんて無いよねー?」

と博士(嫁)を目の前に華憐に余裕をブチかました後、部屋に戻ったあと

一人つぶやきましたよね

「うわぁあああメテオーラだぁああ!!うおおお!メテオーーーラァア!!」

ごめんうそ、叫んでたわ。
めっちゃ博士にウルセェ言われたわ。ごめん。

スポンサーリンク

強がりが通用しない渓流の流星「メテオーラ」

Jacksonが発売した人気絶大の新たな渓流ミノー「メテオーラ(METEORA)」

突如として現れたこの渓流ミノーの人気はとんでもない。

2020年初頭に登場して以来、着実にその人気をのばし現在では渓流ルーアの中でトップクラスの人気を手に入れた、いわばニュー・スターですね。

僕の個人的な意見として(いやこのブログ個人的な意見しかなくない?)

渓流ルアー界に、ここまでの人気ルアーが登場してくると思わなくて。

これまでの渓流の人気ルアーは「Dコンタクト」がやはり王座に居続けいたし

それには当然理由があった。

でね、その理由が圧倒的で

「後方ヘビーシンキング+トゥイッチでの高レスポンス」という、現在の渓流ミノーイングを作り気たあまりにもデカい功績だよね。性能はもちろんだけど、アングラーが持ってるDコンへの信頼度は他の渓流ミノーを凌駕してるんですね。

でまぁ、僕がDコンを普段使わない理由って、ほぼコレでして。

「みんなが信じる王様はつまんない」っていう、ただそれだけなんですよね。ええ超くだらない理由ですよ。ほんとルアーはめっちゃ良いからね。

でもね、つまんないでしょ、王道は。

古いスタイルもいいけど、王道も好きだけど、やっぱ刺激が足りないというか

だから新しいスターが出てくることを待ち望んでいた僕にとって、メテオーラという新たなルアーが人気を博しているという情報は、とても興奮しましたよ。

なんせ渓流ルアーという世界は新陳代謝が著しく低いんですよ。

アングラーの数も少なければ、新たなチャレンジをするメーカーも少ない。

スタイルだってオールドスクール感が強いし、新たなチャレンジってのが、他のジャンルよりしずらそうな気がしてたんですよ。渓流ルアーなのに、流れぜんぜん死んでるじゃん?みたいな。もっと新しい水流してくれよって。

そういう場所に、まさに流星のごとく現れたメテオーラというルアーには、実釣での性能以前に、新しい流れを作ってくれたことに感謝ですよ。

まだまだ飽きないなぁ、ここは・・・っていう気持ちにさせてくれたことにね。

メテオーラはフォール重視の渓流ミノー?

メテオーラが爆発的な人気を出しているのは、JacksonのYoutube戦略が効果的に生きているってのもありますが、それよりもまず「フォールを意識した渓流ミノー」ってのがウケてるんだなぁと思います。

このルアー、どうやらフォールを意識した釣りが得意のルアーらしい。

それが今の渓流ルアーフィッシングに新し流れを持ち込んでいて、人々に受けてるんじゃないかなぁと勝手に思ってたりしますよ。

トゥイッチ連発の渓流ミノーイングはもう飽きた?

渓流ミノーイングといえば、トゥイッチやシェイキングを多用する釣りです。

けど、多用するっていうか、もうずっとやり続けるんだけどね。

ただ巻きじゃロクに動かないヘビーシンキングミノーをアップにキャスト、着水、そこからずーっとロッドを振り続ける。

それはもうミドスト勢もびっくりのロッドの動かし方。

腱鞘炎持ちはあまりにも辛い釣り…それが、渓流ミノーイング。

でも、これは実際確かに釣れる。

Dコンタクトが世に広めたこの釣り方は、渓流魚のスイッチを確実に入れる方法として定着しており、もはやミノーで釣るならロッドをとにかくブルブルさせるのが一番なんです。

しかし、僕もこのやり方をしていて、時々思うことがあったんです。

・・・なんか、飽きてきたな・・・って

一応、ミノーを使った釣りってロッドワークを駆使するものじゃないですか。

他の釣りならジャーキングとか、トゥイッチとか、ポーズとか、色々おりまぜて釣るって感じだし、細かく水中で首をふらせたりとか、ただ巻きだって入れる。

けど、渓流で今まで主流のミノーイングは、永遠とロッドをシャカシャカするだけなんですよ。

けど、まぁ一番これが簡単に釣れるから良いかーって感じでやってたんですが、それが最近では

「もうシャカシャカし続ける渓流ミノーイングが古くない?」

っていう風潮になっている気配を感じるんですね。

コメント