名寄川でトラウトフィッシング

スポンサードリンク
北海道釣行記

こんにちは、αトラウトです。

最近寒い上に雪が降ってきましたね。

トラウトフィッシングもシーズン終盤戦です。

地獄の天候変化にそろそろスタッドレスタイヤを出さなきゃなと思っていますが、これがまぁ面倒くさい。

なんで冬になるたびにタイヤを交換しなければならないのか?

なぜうちの車はボンタン一つでトランスフォームしないのか?

日産は何をやっているのか?

リコール121台ってどういうことか?

やっちゃえ日産で、そっちでやってどうするのか?

と、日産党員のわたくしにとっては聞捨てならないニュースが流れているわけですが、ご安心ください。

僕の車、1998年製。

むしろしろよ!リコールしてくれお願い!

幸か不幸かリコールを免れたこのポンコツなら、いろんな意味で安心してトラウトフィッシングにいけるってもんです。

スポンサードリンク

トラウト求めてニューポイントへやってきた

今回はトラウトを求め、新たなポイントにやってきました。

とりあえず見る人が見ればわかるんでしょうが、ここは天塩川水系の名寄川です。

いやいや綺麗すぎますね。

普段は自分の家にかなり近いダムや、そこから延びる川やら、マイナーな小規模河川を中心に釣りをしているんですが、一応そこも天塩川水系の一つです。

ですが名寄川はそんな川とはわけが違います。

このあたりじゃ超弩級のメジャースポット。フィッシングガイドのツアーなんかもあるような川で、道外の人もわざわざやってくるような場所です。

まぁ、そんなメジャースポットに僕のような新人フィッシャーが行っても釣れやしないだろうなーと思ってたんですが、来てみて正直良かったですね。だってとにかく景色が良い。

こんな感じでウェーダーで入っていくと、とにかく水の透明度の凄さに驚きましたね。

そうえいばあれ?αトラウトいつの間にウェーダー買ったの?

と自分で思ったんですが、そういえば生まれて初めてウェーダーを買ったんですよね。

その記事はまた今度書くとしまして、とにかくすごい雰囲気の良い川でした。

YouTube

紅葉も丁度はじまっていて景色も良いし、水もすごくきれいです。

けど釣れていない

しかし、残念ながら今回の朝の釣り行ではトラウトが釣れておりません。

一回だけニジマスが自作ルアーの鉄男にヒットしたんですが、まったく油断していたせいでバレてしまいました。ああ悔しい。

でもやっぱり人気が高いエリアだけに、やっぱりポイントには人の姿が見えました。

さすがメジャーポイントだけあります。

とりあえず今回は様子見ってことで、本番は次回?

そう、なんかこうインプレ的な?

タクティクスってやつ?そんな感じで次にアジャストしたいよね?

なんて意識高い系アングラーの物真似でもしながら今回は締めさせて頂きます。

ああ、はやあく名寄川でトラウト釣りてー!

コメント