アンバサダーXLT SupremeはSFポップカルチャーリール

スポンサーリンク
リール

今回は中古で購入してきたアブガルシアのアンバサダーのについての紹介ですよ。

ただね、普通のアンバサダーじゃない。

むしろ、自分ななんでこんなリールを買ったのか、正直よくわからないんです。

まず、アブガルシアのアンバサダーといえば丸型のベイトリールとして有名ですよ。

僕もアブのリールが欲しいなーと色々見ていて、この間はBF8を買ったんですけど。アンバサダーも良いなとは思ってたんです。

でもやっぱり金がない僕は、そんなに良いアンバサダーは買えないなとは思っていたんですが、色々と調べる内に、なんとも奇妙なリールを見つけてしまったんです。

「なんだこのアンバサダー…丸くないじゃないか

と、しばらく見ている内に、どんどんと気になりだして、スペックなどを調べつつ、メルカリもチェック。

そうするうちに、なんと中古で激安の3000円で購入してしまいました。

動画もあるので文字読むのだるい人はどうぞ。コイルあったまる!

スポンサーリンク

丸くないアンバサダーXLTシュプリームとは?

アブガルシアのアンバサダーの歴史は非常に古いことは知っていました。

調べてみると、アブガルシアがまだアブだった1952年にRecord Ambassadeur 5000という最初のリールを発売。

ソレ以降、現在に至るまで無数の丸型ベイトリールを作り続けており「丸型ベイトといえばアンバサダー」と言われるまでになったのだとか。

レトロな外観で、上品かつシンプルな機能性はカスタマイズも楽であり、上級者やオールドタックルファンを中心に使われていますね。

渓流だと2500Cあたりが人気で、ネットでは使っている人を見たことがありますね。もう改造に何万も掛けたヤバいフルチューニングのアンバサダー。うん、ほんと腹立つ。なんだあの成金タックル。もう本当にコンプレックスが爆発。

とか思ってたんですが、それでもカッコイイのがアンバサダー。

他のハイエンド機より安いのに、デザインのカッコよさがダントツというか

やっぱり丸型リールというのは、車でいう所のポルシェみたいなもんで、クラシックかつクール。

ところが、そんなアンバサダーに妙にガサつかつ雑な感じのやつらがいる。

それがロープロ系な非円形アンバサダー達です。

丸くないアンバサダー登場は1981年頃から91年の間、わずか6年間だけ。

ロープロ機とは言われてますけど、全く握りやすそうではない上、ボディだって重い。

コメント

  1. ジム村山 より:

    こんにちは。ベイト大好きジム村山です。
    アブの昔のロープロ懐かしく読みました。

    ダイワのミリオネアも太鼓型からはじまって、今は丸型になったけど、昔はマグサーボってロープロファイル型になった時期がありましたね。
    僕が一番はじめに買ったベイトリールがミリオネアのマグサーボだったんですか、これはシマノには内緒ね。

    • αトラウト より:

      ジム村山さん>返信が遅くなってすいません!
      なんか書いたつもりが消えてました。多分寝ぼけてました。

      ダイワのミリオネアのマグサーボ調べたら超カッコイイです。磁力カッコイイデス。
      ジムもマグサーボだったとは、僕も真似してマグサーボ買いたいです!