【令和元年】2019年ベストバラシ大賞

スポンサーリンク
超コラム

さて、今年も残りあと少し。

みなさんも今年の釣りを色々と思い返す頃合いでしょう。

こんな大きな魚が釣れたなーとか、こんなルアーが釣れたよとか。

そりゃもう幸せいっぱいの一年だったみたいに感じているでしょう。

しかし、ここは道北貧釣。

体の9割がネガティブで作られている男が書くブログですから、そんな幸せ一杯の記憶ばかり思いだせるわけではありません。

それに、あなた達の一年を幸せ一杯に終わらせるわけにはいかない。

てなわけで!今年もあと少しで終わりというこのタイミングで

みんなが一年を振り返りきったという、そのジャストでぶちこむ

『2019年ベストバラシ大賞!!イン令和!』

もうね。

おまえらハッピーに一年の釣りを終えたとか思ってたら大間違いだからな。

今年一年、釣れた魚ばっかり思い出しやがって。

ポジティブなやつらは、本当にそういう所が嫌なんですよ。

ふりかえったら、いいことばっかり思い出しやがって、本当にイラっとする。

しかもね、僕が一年を振り返った時って、だいたい良い思い出よりも、悪い思い出なの。

ネガティブ思考だから、大体良いことばっかりなんて思い出せない。むしろショッキングな出来事のほうがポンポン出てくるタイプ。

なのにですよ?

ネットを見たら、今年一年も良い釣りだったみたいに、釣れた魚ポンポンのせやがるわけ。

さも最高の年でしたみたいに、そりゃもう色々のせてくるわけ。

だから、思い出させてやろうって話ですよ。

僕が今年一年バラしたトップ3の魚の話をして、現実見せてやろうってわけですよ。

で、この年末のタイミングで後悔させまくりたいの。

あの魚も、この魚も、いろいろバラシたことを思い出してもらいたい。

そして、今すぐタイムマシーンを作って2019年の1月1日に戻って、ばらした魚を釣ろうとしては失敗し時を遡り続けるタイムリープ地獄を味合わせたい。

てなわけで、僕のネガティブおすそわけ。

鬱はもろとも!精神科、みんなで行けば怖くない!

2019年ベストバラシ大賞すたーと!

スポンサーリンク

3位『ビックバイトを逃がした屈辱の天塩川』

第三位は天塩川で逃した謎の魚について。

この魚、実際には何の魚かも良くわからないうえに、わずか15分という超短時間釣行で得た、たった一回のバイト。

それがとてつもなくデカい奴っぽかった。

しかも、映像も何もない…これが一番悔しい。

投げてたのはチヌークSで、買い物の帰り道、ちょっと投げてみようかと天塩川本流へ。

そもそも釣ろうと思ってたわけでもないし、そんな簡単に釣れる川じゃない。

けど、車で入りやすい場所が近かったから、釣り欲を慰めるべくキャストを開始したんです。

そしたら、5投もしない内にいきなりヒット。

いやいやまてまてえええデカイィイイなにこれぇえええええ!?

と内心完全にパニックになっている間に、全速力で走られて、いっきにフックアウト。

首を振っている感じがあったから、なんかアメマスだったのかもしれない。

にしては重過ぎる感じで、普通のアメマスではない様な。

もしかしたら、天塩川の中に居る雷魚だったかもしれないし、デカいニジマスだったのかも。

とにかく正体不明の魚を一瞬でバラした僕は、完全に放心状態。

「う・・・あ・・・ああ・・・」てな感じで呻きながら、とぼとぼと車に戻り帰宅。

もう写真を撮ろうって気にもならなかったし、ブログの記事にする気も起きなかった。それくらいのショック。

あんなデカいのがこの川にいるのか・・・それがトラウトだったら、モンスターどころの騒ぎじゃないぞ、下手したらニジマスの降下型であるスチールヘッドだったのか?

とにかく、今思い返すと凄いチャンスを逃したなと思ってしまう、滅茶苦茶鬱になる。

という意味で3位にランクイン。あのデカいの、来年は釣ってやるぞ!

2位『たぶんイトウらしきものをバラした朱鞠内湖』

続いて今年2位に入ったのが、朱鞠内湖でイトウらしき魚をバラした瞬間ですね。

僕は朱鞠内湖でイトウを釣ったことがない、ていうか、あそこは何かと釣りで金もかかるし、釣れる確率も時期も低いから、どうしても足が伸びなかった。あと、僕は渓流が一番好きだから、湖での釣りはどうしても後回しにしがちだった。

コメント