渓流バイブレーションの使い方講座(HOWTO)

スポンサーリンク
渓流ルアーHOWTO

渓流でバイブレーション系ルアーの使い方について詳しく解説していこうと思います。

この間ライブ配信をやっていたら、渓流でバイブレーションの使い方を教えて欲しいと言われましたが、なんか叡智なことを聞かれた気がして、一瞬戸惑ったαトラウトです。ブルンブルン!

まぁ渓流ルアーフィッシングであんまり使わないし、そもそも使いどころわからないよね。

でも、個人的には凄い釣れるから使ってないだけ。

とまぁ結論から早速申し上げると

・水量が多い激濁りの時にボトムに張り付いた魚を釣るために便利

・あまりに深い淵を攻略するときに良い

・水押しが強い本流を効率良く探れる

・川幅が広い場所でも遠投性能を生かせる

・トゥイッチやりすぎるとすぐエビるので注意

・根掛に気を付けないと速攻ロスト

といったところですが、詳しい解説を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

渓流でバイブレーションを使うシュチュエーション

渓流でバイブレーションを投げるべき場所はいくつかありますが、元も効果を発揮するのは水量がめちゃくちゃに多く、水が濁って魚が釣れない時ですね。

いやいや、激濁りで魚が釣れないなら、何やっても釣れないだろ?

と思われるかもしれませんが、こんな時こそバイブレーションなんですよ。

水量が多く激濁りの河川でボトムを狙う

水量がとんでもなく多くなり、川が濁っていると、魚は川底にべったりと張り付いています。

なぜなら、水の上よりも川底のほうが障害物が多く、なおか繋がれの速度もゆるいから。

こんな時は餌を食べようとしませんが、目の前にルアーが来れば反射的に口を使う位の元気があるので、目の前にルアーが来れば食ってくれます。

そこでバイブレーションの出番です。

渓流で最もボトムを簡単に取れるルアーであり、浮きにくくレンジキープもしやすい。

ひたすら丁寧に、あまり激しく動かさず、上流側から魚の目の前にルアーを送り込んでやるイメージで使います。

あまりに深い淵のボトム攻略に

あまりに深く他のルアーがボトムに届かない場所でも、バイブレーションなら届くことが多いです。

とくに渓流用のバイブレーションは沈下速度が速いものが多く、淵の攻略に向いています。

ヘビーシンキングミノーやスプーンよりもレンジキープ力、ボトム攻略能力が高いので、水量が多い時の淵の攻略などに向ています。

ただし、アップクロスで使うよりは、多少クロス気味に使うのがおすすめ。

水の押しが強い本流は最強レベルに強い

バイブレーションは小粒ながら良く飛び、レンジキープ能力に優れているルアー。

なので、幅広い本流を効率良く探り、なおかつ分厚い水をかきわけ、中層から下を狙うことができます。

そうした理由から、渓流では出番が少なくとも、本流攻略用ルアーとしてバイブレーションはつい多用したくなるルアーであり、正直ミノーよりもサーチ能力が高い。

なんせ、スプーンより一段下のレンジを攻めれる飛距離抜群のルアーですからね。

僕も本流を手っ取り早く探るなら、やっぱバイブレーションだなと思います。

渓流でバイブレーションの使い方

渓流でバイブレーションを使う時は、ダウンクロスを基本とします。

アップクロスでも使えるのですが、個人的にそれをやるならボトムノックスイマーやスプーンのほうが扱いやすいので、あまり使いません。

コメント