菅スプーンが渓流であまりに釣れるから紹介したい【レビュー】

スポンサーリンク
スプーン

最近僕が渓流でハマっているのが「菅スプーン」というルアー。

金属で作られており、塗装も何もないシンプルなルアーなのですが、スプーンとしては独特の形状をしたアイテムなので、たぶん一度はどこかで見た覚えがある人も居るでしょう。

しかし、形は独特なうえに、塗装が無く映えにくいせいで「これ本当に釣れるの?」と敬遠している人もいるかもしれません。

ところが菅スプーンは釣れる。

ここ最近の渓流での釣果は圧倒的に管スプーンが他のルアーを上回っており、小さな渓流や現流域では無双状態にすら入ってしまう。

──というわけで、今回は渓流で近頃僕がはまっている菅スプーンについての紹介です。

【おさきに結論】

・普通のスプーンより良く動く

・細く直線的な形状に魚が反応してくる

・やはりシンプルな色が良いのか?

・根掛しやすく若干浮きやすい

スポンサーリンク

菅スプーンとは何か?

菅スプーンという名前を聞いて、僕が最初に思ったのは「管理釣り場用のスプーンかな?」でした。

たぶん僕と同じように「菅」という字が「管」と見間違えるせいで「エリア用なんだろうな」と勘違いした人は結構いると思うんですが、これは渓流用のスプーン。もちろん管理釣り場でも使えますが、基本は流れの中でヤマメやイワナを釣るために作られたルアーです。

ちなみに作った方が「菅野」さんという方なので、その名前から菅スプーンと付けられたそうですよ。

なお、具体的な使い方などは製作者ご本人がじかに解説されています。

ラインシステムなどはかなり細目のものを使っているので、一般的な渓流だともっと太いものを使ったほうが良いかと思われますが、やはりご本人の動画が一番参考になるのでぜひ見てください。

サイズ展開も結構あるらしく、市場をざっと見ると1.8g~8gまでが良く出回っているようです。

渓流用では2.3~5g 位までがよさそうで、僕は2.7gを使っています。

というのも、そもそもお世話になっている渓流ベイトManiacsのZさんが「これいいよ」と送ってもらったのが2.7gで、小渓流にとてもマッチして凄く釣れると言われました。
渓流ベイトManiacs

ほうほう、なら有難く使わせていただきます!

ということで使ってみたら、これが本当に小渓流にベストマッチしており、まぁ釣れる釣れる。

フォール速度的にも最適だったので、まず小さな渓流で使ってみたい方は2.7gをおすすめします。

さらに、少し厚めのモデルなども存在し、サイズは一緒でも3g代になっているものもあります。

こちらは同じ渓流でも流れが速く、水深がある状況での仕様に適しているらしく、なおかつ飛距離も稼ぎやすいとか。

アクションはノーマルタイプよりも弱くなるそうですが、やはり雨上がりの増水なんかだと肉厚形状じゃないときつい時ってありますからね。

あとは川幅が広い河川でも、やはり良く飛ぶ肉厚タイプのほうが有利です。

それから少し大きめなりアピール力がアップした5gのタイプ。

ヤマメやイワナというよりも、ニジマスなんかに有利なモデル。

コメント