ダイワのクルセイダーで聖地渓流を奪還セヨ【レビュー】

スポンサーリンク
スプーン

こんばんはαトラウトです。

今回はダイワの定番スプーンであるクルセイダーのレビューです。

このルアーはトラウトフィッシングを始めた時からお世話になってますが、いかつい名前の割に扱いやすく簡単にトラウトが釣れるコスパスプーンですんでまぁおすすめです。

【2018/3/9日更新履歴】

記事内一部追記

スポンサーリンク

ダイワのクルセイダーとは?

ダイワ・クルセイダー(DAIWA CRUSADER)はダイワが販売しているスプーンです。

発売からすでに30年が経過してなお形が変わらない定番ルアー。

ネイティブトラウトをメインターゲットに作られていますがエリアにも適応し、使う場所もターゲットとなる魚種も選ばない万能スプーンです

クルセイダーはとにかく値段が安いことから、トラウトアングラーなら同じダイワのチヌークSと一緒に2~3個は必ずタックルボックスに入っているんじゃないすかね。

どれくらい安いかっていうと、一個500円以下が殆ど

サイズもカラーリングも豊富で、なおかつ大手メーカーのスプーンだけあって作りもしっかりしています。

十字軍を付けた色とりどりのスプーン軍団

クルセイダーの意味は、スペイン語で「十字架を付けた軍団」。

キリストの十字軍がこの名で呼ばれていますが、ダイワクルセイダーのボディにも十字が刻まれています。

エルサレム奪還のために100年戦争を戦い続けた十字軍と同じく、クルセイダーも100年はこの形を変えずに販売され続ける予定なんでしょうね。いやまじでそれ位完成されているスプーンですし冗談にも思えません。

とか突っ込んでみたんですが、詳しくは知らないものの、30年前のトラウトフィッシング事情を考えるとなんとなくわかります。

当時のトラウトフィッシング界では海外製のアイテムであふれかえっていました。

それこそリールはアブの独壇場、ルアーも海外製品が主流です。

そこでダイワが海外製品に支配されたトラウト達の住む聖地エルサレム……つまり渓流、本流のネイティブエリアを奪還したいと考えたんだと思います。

その成果もあり、今やトラウトを釣るために奪還を果たしたダイワーのスプーン。

ただし、今や聖地争いはシマノ原理主義派との厳しい争いが続行中。闘争は今だ終わらず、十字軍は結社を巨大化し続けているんじゃないかと。

まぁそんな恐ろしい妄想は置いておき、ようやく詳しいスペックについてチェックしますよ。

クルセイダーのスペック

トラウトの定番スプーンであるダイワ・クルセイダーは昔から定番のティアドロップ型が特徴。

扱いやすさとアップクロスでの水カミの良さなどから初心者には欠かせないルアーであり、僕もクルセイダーを使って本格的にトラウトフィッシングをはじめました。

アクションは大きくアピール力抜群

今回も水中でのアクション確認用動画を第七実験室(風呂場)で撮影してまいりました。

クルセイダーの特徴は戦意抜群の大きな動き。

深めのカップとドロップ形状によって水の抵抗を大きくしており、ウォブリングは派手め。アピール力はかなり強いです。

リトリーブ中は浮き上がりやすく、浅い場所を攻めたり、スローリトリーブを得意としているのが特徴。とくにアップクロスでは大きく水の抵抗を受けるこの形が効果抜群。

海外スプーンを蹴散らし聖地奪還を果たした性能は伊達ではありません。

渓流から本流や湖まで対応

ウェイトとサイズ:2.5g(28mm)4g(35mm)5g(40mm)/7g(40mm)/10g(65mm)/13g(57mm)/17g(65mm)

フック:トレブルフック

価格:450円(オフィシャル)※一部カラーが510円

コメント