ファーストフィッシュのニジマスと超高速釣り

スポンサーリンク
北海道釣行記

ファーストフィッシュ。

それはあらゆる意味ではじめの一匹を指す言葉。

釣り場に言ってはじめての魚。生まれてはじめて釣った魚。大統領就任後のオバマが釣ったマスもファーストフィッシュに違いはない。

では、僕にとってはどうか?

今回のタイトルにもなっているファーストフィッシュは、今年初のトラウトという意味。年始のナイトフィッシング以来、一度たりとも釣りにいけずルアー作りやらレビュー記事やらを書き続けながら耐え抜いてきたαトラウトです。

苦節3か月。

釣りに行けない鬱憤を全てルアー制作に改造、そしてこのブログにつぎ込み続けた結果、なぜかアクセス数がアップしてきたり、皆様のおかげで収益も増え、少ないながらも新しいルアーも購入しレビュー記事を追加できたりしました。

しかし、釣りにいかない釣りサイトなどに意味はない

αトラウトは待っていた。極寒の冬を乗り越え、貧しさに耐え、永年と待ち続けた今。

道北の厳しい寒さを超えて迎えた春。

雪解けの音、この良き日。

そんな台詞を生徒一同で合唱していたあの頃を思い出すかのような卒業シーズンまっただ中ですが、卒業なんてしている場合ではない。

ここだ。

もうここで行くしかない。

長い間トラウトを釣りにいけなかったその鬱憤が溜まりに溜まった今日、河川へのルートが開けたのと同時に僕の欲求も一気に開放されました。

スポンサーリンク

30分の釣りに賭ける

土曜の朝、買い出しに出かけるこの日、妻と一緒に一週間分の食材を選んでいました。

しかし、心はすでにココにあらず。

なぜなら、イオンに向かう道中に通った自分のホームリバーの1つである河川が明らかに海氷していたのです。

「ねぇ夕飯何にする?」

「そうだね、ニジマスかな」

「はぁ?」

だめだ、落ち着け自分、さすがにイオンでニジマスは売っていない。

「ごめん、ニジマスじゃなくて、サーモンにしようサーモン」

「じゃぁ珍しくオサシミにするの?」

「そうそうこうこの時期は食い気が凄いから本当に、ミノーイング一発どっぱんでガッツリドンならまじで最高だわ」

「はぁ?」

落ち着け、落ち着くんだ自分。

まず擬音おおすぎだし夕飯とミノーイングの関連性は今だ解氷していない。むしろ永久凍土レベルで解けない。音一つ聞こえない極寒の大地並みに寒いだけだ。

この時、僕の頭の中ではすでに釣りにいくことが決定した。

理由は明らか、ただのストレス。欲求不満。性欲や睡眠欲、食欲すらも量がした圧倒的原始的原理。あらがうのは不可能だった。

しかしこの日、午後には妻と一緒に出かける予定がある。

約束はやぶれない。常に妻が優先。釣りが妻を超えた時にバランスは崩壊詩、数々の釣りキチたちが辿った奈落の底へと向かうだろう。

それだけは避けたい。

だが、釣りには行きたい。

そう考えた結果行きついたのは、昼食後から出かけるまでの間の40分を釣りに使うということだ。

しかし、実質釣りができるのは移動時間を抜いた30分の勝負となる。

これで釣れると普通は思えないが、今回行くポイントは大物が入っていれば超短時間で釣り上げることが可能な場所である。

コメント