ドン!ゴン!ドカン!釣りで良く使われる最強の擬音はどれだ?

スポンサーリンク
釣り超コラム

釣りブログやSNSをやっていると、常に気になることがあります。

それを一言で表すなら

「擬音」

いや、正確には擬音ではないのですが

とにかく気になるんですよ、あの音が。

元々文系な人間なのでこればかりはしょうがないのですが

今の今まで気になりながらもまったく触れてこなかったのですが

今、正直にあかします。

僕が釣りブログをはじめてから

いや釣り系のTwitterアカウントを開設してから

いや!それよりもずっとまえ!

まだブログを見るだけの立場だったころからなんですが

釣れた時、すんごい擬音多くない!?

なんで釣り界隈ってこんな擬音多いのかなって??

もうずっと気になってた!ほんとうに!

もうなに?なんていうの?

なにこれ、もうすっきりしたんだけど!

 

いえ、だめです。

 

こんなところで満足しては記事が続きません。

ともかく、擬音なくして釣りはありえない位っていうか。

もうこの気持ち我慢できなくなっちゃっていうか。

とにかく普段から擬音が気になりすぎて、エロ漫画からジョジョの奇妙な冒険、カイジにバキと、あらゆる擬音系作品を研究するズキュゥウンン!!αトラウトです。ゴゴゴゴゴゴゴ!!

でね、やっぱり僕的に擬音の最高傑作はジョジョの奇妙の冒険じゃないかと思っているわけですけど、今はその話は別に良いんです。

とにかくです。

釣り界隈では常に擬音が登場してくることにある日気が付いたわけで、今回はその擬音について詳しく考えてみようと思います。

スポンサーリンク

釣り界隈は擬音のバリエーションが半端じゃない

釣りの世界の擬音といえば、当然釣れた瞬間の音です。

これに最初に気が付いたのは、恐らく友人と釣りをしていた時でしょう。

彼は非常にまじめな人間で寡黙な少年だったのですが、魚を釣り上げたのでどうやって釣れたのか聞くと。

「もうね、こうドッカーンと出たわけよ!」

と大声で言ってくるんです。

正直ドッカーンと魚が出るわけがないと思いましたし

もし、その表現が事実だとしたら

彼はダイナマイトでトップを攻めており、ヒットしたバスが爆散したと確信しました。

 

昔からこういう変なところが気になる嫌な子供だったんですが、彼と話していると次々と擬音が登場してきました。

 

「こう巻いてたらグゥィインン!ってきたわけ」

 

とうぜん魚がグゥィイン!となるわけがありませんので、遠隔操作系のスタンド使いが攻撃を仕掛けてきた音だと思いました。

 

しかし彼は止まりません。

 

別の日も、釣れた魚の説明を唾を飛ばしながら行います。

「トップ投げてカバーに入れた瞬間ドゴン!」

いったいどういう状況なのか、逆にまるでわからないですが、文脈上カバーの間にプラグを入れた時に食ったのでしょう。しかし、ドゴン!と魚が出ることはありません。魚が釣れたというより鈍器で殴打された音か、機動隊が壁をぶちやぶった音しかないのです。

こんな感じで魚が釣れた状況を説明する場合、擬音を使いまくるわけで、当然ぼくも同じように擬音使いへと変貌しました。

それから釣りをやめて、再び再開するまで釣りの擬音についてまたく忘れていたのですが、いざネットで釣り情報などを見るにあたり、やはり擬音が多用されていることを知ったわけです。

 

一体なぜここまで釣りの世界では擬音が登場するのか?

 

僕が運営したことがある映画や本のレビューなどでは、擬音は殆ど登場しないのに・・・

しかし、こうしてブログを書きながら釣れた時の表現をするうちに気が付いたのは、擬音は釣りの世界でとてつもなく重要な役目を担っていたことです。

ひたすらに単純に臨場感を感じさせる

もともと文系の僕は、ブログ以外にも釣り小説をこのサイトで書いていますが、やはり小説の中で擬音はさほど登場しません。

コメント

  1. てい より:

    ところで釣れたときの正しい擬音ってなんですかね。
    釣り好きの皆さんが使っている擬音が芸術的だとすれば、
    写実的な擬音が欲しいんですよね。
    ちゃぽん、だとむしろ逃した感出ちゃいますし、どうしたらいいでしょう。

    • αトラウト より:

      擬音に正しさがあるかわかりませんが、リアリティを求めるというのは当然の路線でしょう
      ちなみに音は大抵出ないので、ヒット時にはロッドが「グッ」ってなる位でしょうか