スピンキャストを渓流で使うとポンコツカーでタイムスリップ【インプレ編】

スポンサーリンク
リール

渓流にダイワのスピンキャスト80で挑むことになるとは。

渓流ルアーフィッシングをはじめた2年前にはまるで予想すらしていませんでした。

というか、スピニングでの渓流釣りのあとは、かくじつにベイトフィネスでもやるのかと思ってたんですが。

なぜか気が付けばスピンキャストを車に積み込んでいました。

なんで僕はいつもこうなのか?

誰かの期待通りにいかないばかりか、自分の期待通りにすら物事がうまく進まない。

それも釣りならば少しは思い通りになるかと思えば、それすらも不可能。

何故か不思議と惹かれてしまったスピンキャストは、驚くほどのローテクリール。

けれど買ったものは使うしかない。

というか、新しいリールなんて買っている余裕はない。

もういいよ!やってやると!インプレしてやる!

と開き直り、アクセルを踏み込んだ結果車の後輪がスピンキャストしたαトラウトです。アイス・エイジ。

ほんとうに冬道は安全運転が大事。

開き直ってアクセル全開なんて死刑執行と一緒。もう本当に怖い。

しかも目の前で事故車を見る率が1日1回くらいに増加。

道北地方の国道には毎日のように氷のIEDを仕掛けられ

住宅街の狭い路地では一時停止ができない車の巻き込み自爆テロ

4月になるまで終わらない雪まみれのゲリラ戦が展開しています。本当に死にたくない。

そんな地獄の道路を僕のポンコツ車はをノロノロと進み、凍てついた渓流へと到着しました。

ちなみに前回購入したスピンキャストのレビューはこちらです。

スピンキャストは実用性ゼロ!?チープだけど愛されるリール【レビュー編】
というわけで今回はダイワのスピンキャスト80に関するレビューです。実は以前から所持をしていながら、そのレビューを一切していなかったこのリール。というのも、このリールを使えるロッドをもっていなかったのが原因。そこでようやくスピンキャスト...
スポンサーリンク

スピンキャストをもって渓流に到着

ダイワのスピンキャスト80をもって渓流へとやってきた僕。

しかし、息も絶え絶えに藪を漕いでやってきたポイントを見て愕然とします。

 

凍ってる。

 

渓流が完全に氷に覆われているっている

ということは

僕は氷河期にまでタイムスリップしてしまったのか?

いつ?どこで僕は時を超えた?時計台に雷とか落ちてないんだけど?

けれどスマホを取り出したあたりで、ここがいつもの渓流だと気が付きます。

それは、雪景色に覆われ、姿がまるで変ってしまった渓流。

岩が転がり音を立てて流れていた渓流の姿は消え

変わりに表面を覆う分厚い氷が、渓流の姿をすっかり隠していたのです。

道北の川は北海道の中でも一段と氷やすいのか、冬になるとこんな感じで姿すら見えなくなりますね。

こんな渓流にやってきてしまって、そもそも魚なんて釣れる気がしないんですが、今回の僕の目的は

スピンキャストってどうやって使うのか?

というのを学ぶためですができれば魚が釣りたかった。

キャストできる水が殆みえない状況なので

単純に雪山にスピンキャストもって登山しにきただけ

というか、ここまで来て今更引き返すってこともできないので、スピンキャスト80を投げて、最低限のインプレだけでもしていきたいですね。

スピンキャストはどんなロッドに合うのか?

スピンキャウトで釣りをしようと思った時、一番最初に迷ったのが

どんなロッドが一番合うのか?

という非常に難解な問題でした。

そもそもスピンキャスト用と銘打たれたロッドがあまりにもありません。

コメント