【釣り動画】APEMAN / Trawoを購入してアクションカメラデビューした【レビュー&インプレ】

スポンサーリンク
アウトドア

釣り動画のために使う機材として、超絶的なコストパフォーマンスを誇るというapeman trawoを購入したレビュー&インプレです。

アクションカメラが欲しいと思いはじめたのは随分前のこと。

というか、ユーチューブで釣り動画などを見始めた頃から、もうずっと欲しかったわけですよ。

しかし高い。

はぁ?GOPRO?

無理無理なにあれ高すぎて買えるわけがない。

というか、僕からするとGOPROはあまりに高すぎる。

僕からすると、もう地上8000万メートル上空にいるくらい高い。

というか、もう全然見えない。地上8000万メートルは火星だから見えるわけがないし、GOPROがどこにいるか全然わからない上、絶対宇宙船に装着されている。

そうなるとNASAもGOPROを使っていることになる。

というかNASAもGOPRO使ってるということは、火星探査もGOPROでやっている可能性が高いし、宇宙飛行士もGOPROを装着している可能性が高い。

そんなものは僕に買えるわけがないんです。

一民間人である僕がGOPROを使うなど、もはや機密保持問題にかかわることですよ。

使えませんよそりゃ

決して金がないから買えないわじゃないんですよ、

使えるほどの上級国民じゃないだけですからね

とまぁ、そう信じ込んだ僕は、GOPROを使う人が全て宇宙飛行士だと思うことで精神の安定を図っていたのも事実。

また、僕には地上の一般的な民間人の撮影方法としてスマートフォンを利用した撮影を続けていました。

え?ていうか釣り動画って民間人はスマートフォンで撮影するもんだよね?

米国宇宙開発の最高機密扱いのGOPRO使ってるとかみんな嘘でしょ?

ぜったいそうにきまってる。GOPRO使ってるのは皆NASAの職員か、もしくはGOPROに似せた何かにきまってる!PorNHUBとかそういう18禁のハメ撮り専用カメラに決まってるんだ!

と、ここまでもまた精神の安定を図るため自らを洗脳していました。

本当に自己洗脳が上手だと自分で自分をほめてあげたいですよ。

そんなある日、Amazonのタイムセールを見ていると、ついに理想のアクションカメラを発見したのです。

それがAPEMAN の最上位機種であるTrawoです。

これだ、もうコレしかないとユーチューブで使用レビューなどを探していたら、なんかコメントをよくくれる人が使ってたわけですよ。

あ、これ画質良いなと思い、ついに購入。

これで僕もNASAの宇宙飛行士になり火星探査に出かけられるわけではありませんが、釣り動画での使用は十分可能。

しかもタイムセールだったこともあり、驚きの価格で購入することができたのです。

スポンサーリンク

APEMAN Trawoとは?

APEMANとは中国発のアクションカメラ・ドライブレコーダーの会社。

会社の設立は2016年とかなり新しいのですが、低価格ながら高品質のカメラを提供することで人気が出始め、GOPROを買えない僕のような極貧ユーザーに大人気のメーカーとなりました。

特徴は、やはり画質の良さ。

低価格な中華性アクションカメラの中でもトップクラスの画質を誇っています。

ファームウェア(カメラのOS)のバージョンアップもあり、劣化も少なくなった事から安定した絵を提供してくれる中華性アクションカメラとして知られています。

Trawoとは?

TrawoとはAPEMANの最上位機種にあたるアクションカメラです。

もちろん中華アクションカメラの最上位機種なので、GOPROに及ぶスペックではありません。

しかし、値段が恐ろしく安いほか、画質も予想以上に良いため使い勝手がかなり良いと評判のようです。

オプションも充実しており、買って即使用可能。

ただ、ヘッドマウントが付いていないので、そこは社外品を買って使うしかありません。

APEMAN Trawoは安くて高スぺックで貧乏人に優しい

というわけで、GOPROを使う宇宙飛行士達への嫉妬心に悩まされ続けていた僕ですが、ようやく中華製のアクションカメラを手に入れたわけですよ。

正直いって、本当に嬉しいです、はい。

もうお金持ってる人はGOPRO使ってください、そして、いつかGOPROを買ってやるという野心も忘れてはなりません。

しかーし貧しき僕は中華性アクションカメラですら怖くて買えなかった

苦労のすえスマートフォンを駆使し続け、もはや映画一本取れるレベルで極めつつあるし、なんかSFスペースオペラと撮影してスターウォーズ超えれそう。ルーカススタジオぶっ潰せる気がしそう。うん、iPhoneだけど。

そこにきて、アクションカメラを手に入れた僕は、より撮影の幅が広がったのに感激しています。

しかもこのカメラのスぺックは非常にハイレベルで、インディー映画なら普通に行ける可能性があるレベルとなっています。

コメント

  1. NY より:

    Trawo入手おめでとうございます!
    私も愛用するこの機種にはクセ!というか バグがありまして
    2.7K(2704×1520)/30fps
    1440P(1920×1440)/30fps/60fps
    1080P(1920×1080)/60fps

    のモードで撮影するとISOオートが機能しなかったりします。
    それぞれのモードで暗いとこ撮ると分かります!

    要は、
    4K(3840×2160)/30fps
    1080P(1920×1080)/30fps
    で使え! ってことだと私は理解して使ってます、笑

    安いんで許します、笑
    またYoutubeで会いましょう!w

    • αトラウト より:

      NYさん>まじですか!なんかチェックしてみたんですけど僕の持っているTrawoだと60DFPSのモードだとISOが極端に下がってオートが意味をなしてません。30FPSだとオートで変化しています。120FPSだとISOがまるで動きませんでした。

      オートが機能してないかまだ確認できてないんですが、確認でき次第この記事に書いておきたいとおもいます。
      いやほんとうに、安いから許せますねW画質も中華カメラでは上位だし、使い方でカバーって感じです。
      またユーチューブであいましょー

      • NY より:

        OK
        私のYouTubeチャンネルで、おすすめチャンネルに 
        道北貧釣ドウホクヒンチョウ 入れときましたわ!
        勝手に!w

        • αトラウト より:

          なんと!ありがとうございます!
          こちらもおすすめチャンネルに入れさせていただきますー!