鱒レンジャー改SP50ダークナイトⅡが思ったより使えてしまった【インプレ編】

スポンサーリンク
ロッド

11月24日、鱒レンジャー改SP50ダークナイトⅡを持って渓流へと向かいました。

でも、つい2日前まで道北地方は吹雪に見舞われていまして、景色は途端に真冬へと変貌。

国道ではついにホワイトアウトが発生し、僕の家の付近でも事故が多発。

まぁなんというか

これは、もはや戦場というか

朝から爆撃により降り積もった雪を片付け、路肩の雪の中へと突っ込んだ軽自動車やトラックを眺めながら車を運転。

次は自分かもしれないと、恐怖におびえる道北冬戦争の日々。

ところが、本日の最低気温は6度、最高基本は10度をマーク。

冬との一時停戦。まさに奇跡。

昨日まで最高1度だったのが突然10で、しかも休日。

というわけで、あたたかな陽気に誘われ、まずは借金を返してきたαトラウトです。アコムがあればなんくるないさい。

まぁね?

金はないわ、借金はあるわ、いくら気温が上がろうが僕の財布は猛吹雪。給料日のわずかな炎すら一瞬でかき消す小さなツンドラの大地ですよ。

けど、そんな僕の財布でもコレクションできる鱒レンジャーは本当にありがたいし、ありがたすぎて神棚に飾ろうかろおもったけど神棚買う金がない。

なんでかって、この間鱒レンジャー改SP50ダークナイトⅡを買ってしまったから。

実売2500円位のロッドで金がなくなる僕の懐事情のインプレでもしようかと思ったけど、みんな涙で画面が見れなくなってPV下がるから止めるね。

だから、今回は前回購入した鱒レンジャーSP50ダークナイトⅡのインプレッションを行っていこうと思います。

スポンサーリンク

冬の渓流で鱒レンジャー改SP50ダークナイトⅡを使ってみる


吹雪もやみ、気温も上昇。


鱒レンジャー改SP50ダークナイトⅡを車に積み込み、雪解けの道路を走しっていました。

しかし道路状況は未だ地獄。
気温が急上昇したせいで道路の氷が溶けて未舗装と変わらない。

朝買ったコーヒーを飲む度に段差の揺れで上手く飲めず、とにかくむせる。
まるで内戦地帯をジープでひた走ってる気分です。

それでもチャンスは今しかない。

この日をのがせば、インプレは来年の春まで不可能。
それまでに、なんとかこの鱒レンジャーのインプレを書かなければ


久しぶりに見た朝日の中、ボロ車が壊れそうになる道を走り、到着したのは近所の渓流
秋なら、ここまで15分位で来るんですが、この日は30分はかかりましたね。


しかも渓流の近くまで車を寄せられないから、ウェーダーをはき、タックルを準備したら、そのまま雪の上をズボズボと歩かなきゃならない。

気温が上がった雪はグチャグチャで、まるで湿地帯の中を歩いている気分。
おかげで目的の渓流に到着した時には、残りの釣りの時間が30分程になってました。

ちなみに今回ひさしぶりにインプレ動画をつくりました。

この記事では詰め込めきれなかったトラブル地獄とか色々

とりあえずキツかった、マジで

鱒レンジャー改SP50ダークナイトⅡでインプレ開始

ポイントは僕が良くルアーを試しにくる小さな落ち込み。
数は多くないけれど、ここはヤマメとニジマスが居るので、短時間で1匹釣るのに適した場所です。

もう疲れきってしまいましたが、息も絶え絶えに手にしたロッドにルアーを付ける。
使うのは、この手のテストに最適のシルバークリークミノー44s
全開のnextでも使いましたが、バランスが良いんで、ロッドの具合が良くわかるんですよね。

さて、このロッドの実力はどんなものなのか?

鱒レンジャー改SP50ダークナイトⅡなんかⅡになったけど、前作から大して変わっていないとレビューで散々ディスたから、もうそんなに期待してないけど、多分今年最後になる渓流釣りができれば何でも良いやとばかりに釣りをスタートしました。

飛距離はちょっとだけアップ?

まずはキャストフィールから。

一投目は左右の枯れ枝が邪魔なので、フリップで投げていきます。


けっこう曲がるのでスピニングのフリップも余裕な感じですが、普通のレンジャーにくらべると、若干曲がりの限界値が低い気がする。

コメント