病院帰りに釣りにいったらポンコツのスピンキャストでアメマスにボコられた話

スポンサーリンク
北海道釣行記

てなわけで今回はタイトルの通りアメマス釣りに行った話ですよ。

でまぁ、それでもこの日は釣りに行くつもりは無かった。

というか、もう昨日の晩も深夜まで作業をしていて、そこから眠りについたは良いけれど再び起きてしまい、またパソコンに座って作業。

だから目が覚めた時も非常にだるい。むしろダルいを軽く通り越して、死んでからよみがえったゾンビみたいな気分。

てな状況なのに、この日はなんと病院に行かなくてはならない。

ああもうやってられないと、今日も朝から歯磨きしながらTwitterのグラビア釣りガールのスクショを怠らないαtトラウトです。けしからん!実にけしからん!

とか言いながら、やっぱり具合が悪い時はTwitterで釣りガールを見るに限る。

とくに露出が高いのを見るのが最高。そうしたら、ゾンビみたいな顔にも血液がいきわたり、なんだか生きてる気がする。

すごい、生きてるぞ自分。これなら今日も元気に生きられる!

とか言いつつ、実際一番元気になるのは僕もグッド・サンだけなんだけど

自分に元気がなくとも、せめて息子には元気を出して欲しい。それが親心ってものじゃないですか?

でまぁなんか血圧も上がったことだし、病院に向かったのですが、まさかこの後、あんなことになろうとは思いもしなったですね。

スポンサーリンク

病院の待ち時間に釣りに行ってきた

       てなわけで向かったのは隣町のとある病院。

ここ数年の間にできた新しい病院なんですが、某市立病院でずっと見てもらっていた担当医の方が独立して作った場所なんですよね。

しかも建物が綺麗で、対応も素晴らしく、先生も滅茶苦茶新設らしいとの噂。

ここ最近市立病院に行くと必ずと言って良いほど嫌なことに出くわすので、こりゃもう病院変えようと思って新たな病院へと向かったんですよ。

で、到着したら確かに小さいけど、新しい感じ。

中に入るとびくりするほど綺麗だし超クール。

しかも初心なのでずいぶん待つのかなと思ったら、看護師の方がやってきて。

「初心だと待ち時間が長くなりますので、時間が近づいたらお電話でお呼びしますよ」

なんて言ってくれるじゃないですか。

いやいや、信じられます?ここ道北ですよ?北海道のド田舎ですよ?

市立病院で滅茶苦茶な待ち時間をソファアに座ってまち

地方からやってきた高齢者が窓口でいつまで待たせるんだと看護師にブチギレてるのを眺めながら

スマホでアプリゲーやるのが定番だったじゃないですか?

コメント