スピンキャストでラパラのCDJ7投げてたらやっぱりニジマスを釣ってくれた

スポンサーリンク
北海道釣行記

はい、今回はダム湖に言った時にトップウォーター投げまくったけど、最終的には結局CDJ7に助けられてしまったお話ですよ。

にしても、これを書いている最中、すでに僕の住む町からは山の上に雪が積もっているのが見えてるわけで、もうとっくに冬ですよ冬。

僕は、この初雪を見るのが本当に嫌いで。

いやー、今年はもう数回釣りに行けるかどうかだし、行ったとしても大して釣れないんだろうなーとか色々考えてしまって若干鬱になり、酒と眠剤を煽っているダメ人間αトラウトです。現実逃避にだけ本気出すライフ。

いやマジで鬱ですね、こればっかりは鬱。通り越して冬。

と、冬の到来を察知した僕はキマりきった状態で交番に駆け込み

「冬をなんとかしてくれ!釣りができないんだよ!あいつは悪魔だよ!」

と必死に助けを求めたい衝動に駆られてますが大丈夫。まだそこまでじゃない。いや大丈夫ごめん警察呼ばないで冗談だから。ぜんぜんまだシラフだからほら文章とか書けてるでしょ?いけるいける

てなわけで続きを書いていきますけど。

そうなると、ちょっとそろそろトップウォーターでも投げてこようか

てな具合で、今年一回も行ってなかった某ダム湖に行ってきたんですよ。

でも、気温も結構低いし、もうトップに出ないかもしれない。

という可能性も高かったので、一応ラパラのCDJ7だけ持っていきましたよ

スポンサーリンク

小型トップウォーターをスピンキャストで投げる

この時期のトラウトのトップは基本日が出る前しか食わない。

それも寒くなればなるほどその傾向が高いんですが、たぶん動きが鈍くなるから、暗い内しか水面には出ないようにしてるんでしょう。

でもね、もう朝起きるのが辛いの

ほんとうに最近夜遅くまで起きてなくちゃいけなくて、もう全然朝おきれない。

だからこの日も6時半近くに現場に到着したんですよね。

使うのは改造した鱒レンジャーのフジグリップモデルですよ

とりあえず入りやすい場所に一人いたんで、離れたインレット側に歩いていってみる。

いやー・・・もうさすがにこの時間はトップで出ないだろうな・・・無理だろ無理。

とか思いながらも、とりあえずトップを投げたい。

ていうか、色々頂いてるトップ系ルアーもあるんで、釣れなかろうが投げたい。ていうか試したい。

てなわけでこの日は到着して即ペンシル系からスタート。

まずはサミー65を投げてみる。

うん、相変わらず良い動き、いいこれは釣れるぞ絶対出るぞ。

と思ってたけど、完全にノ―バイト。

「まじか・・・サミーで無理とかこれは・・・」

と、信頼のトップウォーターで一匹も出せないことに絶望しかけましたが、負けない、あたし負けない。だってトップの鬼だもの!

てなわけで、続いて投げたのはグランダールアーのオルカイザー。

これでワイルドレインボー出せたら楽しいだろうなーと思っていたのだが、この厳しい状況で、あえてのオルカイザー。

この強気の姿勢に免じてなんとか出て欲しいとキャストを繰り返すも。

やっぱりノーバイトなんだなコレが

いやむだよなー、グランダーで出したかなったなー

コメント