なぜ釣りブログを運営するのか?メリットとデメリットと収益?

スポンサーリンク
釣り超コラム

さて、今年も釣りブログをやっていく道北貧釣ですが

今年最初の記事はやはり「なぜ僕が釣りブログをやっているのか?」という話についてです。

最近はアウトドアブームということもあり、釣りを趣味にする人が爆発的に増えていて、その影響は釣りブログとYouTubeを運営する僕にもあります。

で、こうして釣りブームになると、やはり釣りという趣味の延長線上で、ネット上色々と活動する人も増えているのを実感します。

てなわけで、今回は釣りをやる上で、一体なぜ釣りブログやら釣りYouTubeを僕がやっているのか?そのメリットやデメリットを含めて、簡単に記事を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

釣りブログや釣りYouTubeはどんなメリットがあるのか?

さて、まずは釣りの趣味の延長線上で釣りブログをやるメリットについて

なんですが、やはりこういう記事を検索してくる人が一番金になるのは

「ていうかぶっちゃけ、収益ってどんだけ出るん?」

って話になると思います。はい人類みな強欲。

もうそんな釣りで金稼ごうとするなって、無理無理。

といってしまえばお終いの話題。普段から僕も「そんな釣りで稼ごうったって無理だって、趣味でやればええやないかい」と言ってますけどね。実際。

でーも、今回はあえて、この収益という話題もふくめて、釣りブログをやってるメリットについても話していこうと思います。

釣りブログの収益はぶっちゃけジャンルによる

まず釣りブログを3年運営してわかったのは、その収益というのはジャンルによって大きく変わるということです。

一口に釣りといっても、色々なジャンルがありますが、中でも一番収益が出るのはソルトルアーフィッシング系。ようは海です。

まず釣り人口が圧倒的に多いですし、ネット上で情報を調べる人たちがとても多いのが海。

どこそこの港で魚が釣れたとか、そりゃもう色々ありますからね。

さらに発売されるアイテムの数も圧倒的なわけで、商品のレビューなんかも多数ある。

基本ブログって、YouTube系とは違い、具体的な情報や数字を求めてやってくる人が多い印象なので、そうした情報が釣りの中で一番求められてるソルト系が、釣りブログじゃ一番稼げると思います。

で、やはり釣り人口が多いほどニーズが多い理論は絶対なんで、その順番が低ければ低いほど稼げなくなっていく。

ちなみに、僕の釣りブログは基本「北海道の渓流ルアーフィッシング」をメインにやってますが、他のジャンルに比べるとそんなに伸びてないですね。

たまに海系のやつやると、とたんにPVが増えたりするし、道内じゃ圧倒的人口を誇るアキアジに関する記事と書くとボコン!とPVが増えますが、渓流は残念ながら、海系に比べたら大したことは無いです。うん。いやほんと夢壊してごめんね。

で、もっとPVが少ないのが北海道のナマズや雷魚ですよ。

もともとナマズや雷魚釣り自体そこまで大きなジャンルで無い上に、さらに北海道内はもう全然PVなんて行かず、もはや孤立奮闘状態。ここからナマズを流行らすぞ!と、頑張る位の気持ちです。

てなわけで、そもそも釣りブログの中でも、やる釣りによって収益は全然変わるので、マイナーな釣りばかりやってる人が収益を期待しないほうが良いんです、はい。

釣りブログの基本収益はアドセンスとアフィリエイトである

ジャンルで変わる釣りブログの収益ですが、その基本収益はアドセンスとアフィリエイトによるものです。

ただ、基本収益といっても、アドセンスに関していえばブログよりもYouTubeをやったほうが、ぜんぜん収益は伸びやすいと思います(個人的な感想ですが)

でまぁブログの収益が一番大きいのは、恐らく商品系アフィリエイトだというのは、何も釣りに限った話ではありません。

恐らくどのブログでもそうで、この点に関してだけは、YouTubeよりもブログのほうが明らかに有利な点だったりします。

コメント