フローティングミノーで渓流ヤマメを釣ると楽しくてヤッベェゾ!【ラパラF5】

スポンサーリンク
ミノー

夏も終わりに近づくと、やっぱり渓流は活性が上がる。そんな時こそフローティングミノーが楽しい。
そこで夏の終わりこそフローティングだと信じてやまない僕が、ラパラのF5を使って渓流ヤマメを釣ってきた記録を残しておこうかと思います。

スポンサーリンク

そろそろ渓流でフローティングミノーで釣りたい

渓流ではフローティングミノーを中心に釣りをする人はとても少ないです。

流されやすい、ボトムを取れない、飛距離がでないなど、シンキングミノーと比べると渓流ではデメリットが目立ちやすいゆえなのか?「フローティングは釣れない」と苦手意識を持つ渓流アングラーも別に珍しくありません。

また、フローティングミノーは活性が低い渓流魚には圧倒的不利なルアー。

春先はとくに釣れる気がしないし、水温が上がっても、増水して濁っても厳しい。

なので、そもそもフローティングを選ばないほうが魚が釣れる。

これは否定できないですね、うん。

しかし、僕はフローティングミノーが好きなんです。

ルアーの動きも見やすいし、追ってくる魚も見やすい、難しいけど魚を掛けると楽しいのがフローティングの良いところ。

なかでも好きなのがラパラのF5というモデル。

このルアーは見た目がとても可愛い歴史あるバルサーミノーなんですが、かなり扱いづらい。

ウェイトが一切入っていない上、空気抵抗がめちゃくちゃあるので、かなりもの好きな人じゃないと渓流では使わないかもしれません。

だけど釣りたい、というか今なら絶対F5でヤマメ釣れまくるぞ!よーし渓流だ!いますぐF5を投げにいくぞ!!

と意気込んでいたんですが、ソフトを変にいじったせいでなかなか仕事がおわらず、ようやく終わった翌朝、寝不足でヘロヘロになりつつも気合で渓流にいってきました。まじで朝苦手だよ!

ラパラのF5でヤマメ釣り開始

さてさて何時もの近所の渓流にやってきましたが、すでに水温は下がり、しかも前日の雨で高活性が期待できる状況。

こりゃもうF5で絶対釣れると確信したんですが、なんとこの日、寝ぼけてたせいでアクションカメラをもってくるのを忘れる大失態。

いかん、道北貧釣の活動に支障がでる・・・けど、まぁいいか!今度今度アハハハハ!

とまぁ寝てないゆえのハイな状態で釣り開始。こりゃヤッベェぞ。

で、最初に使ったのはF5のニジマスカラー。

これの背にセリアの蛍光テープを張ったモデルです。

使用するタックルは鱒レンジャーのスピニング。

最近ベイトばっかりだったので、軽く投げる練習をして慣れてみますが、いやーF5の投げずらさは圧倒的ですよ。練習だけで釣りの時間消費するかと思いましたもん。

しかし、そんなことやってられないので、即ポイントにアタックですよ

ところが、最初のポイントで着水したミノーを巻き始めると、いきなりルアーが水中で横っ飛び。真横からタックルぎみに食われました。

最初に釣れたヤマメ。

釣れ方からしても、やはり活性は高い、というか今シーズン1の活性になっている気がする。

てなわけで釣りあがっていくと、次のポイントでは着水した瞬間、シューンと岩陰から飛び出してきたヤマメが浮いているだけのF5に喰いつきました。

コメント