ぐるぐるX/Nに再会したけど相変わらずアイスの棒だった【レビュー)

スポンサーリンク
スプーン

ぐるぐるX/Nを使えばトラウトがぐるんぐるん釣れる。

そんな噂が存在するのかしないのかわかりませんが、対トラウト用ルアーとしては絶大な人気をほこるグルグルXのネイティブモデルのレビューです。

 

そもそも「ぐるんぐるん」釣れるってどういう状況なのか?

自分で言っていて恥ずかしくなるαトラウトです。メガ羞恥。

 

さて、今回はぐるぐるX/N(ネイティブモデル)のレビューなんですけど、このルアー実は前に持ってたんですがロスト。

で、なんとか自作してやろうとグルグルX系のスプーンを作ってたりしたんですけどね。

実は先日、中古ショップでルアーをディグってた時についにグルグルX/Nと再会。もう会えないかと思ってましたよ。

スポンサーリンク

ぐるぐるX/Nはネイティブトラウト用の棒スプーン

ぐるぐるXの名前は、ネイティブトラウトを釣る人よりも、エリアトラウトの人たちのほうが良く知ってるんじゃないかと思います。

本来はエリア用のルアーだったのが・・・

 

ぐるぐるXといえば、本来はXルアー工房さんが作るエリア用の必殺ルアーですね。

なぜこんな細長い鉄の棒を巻くだけで釣れるのか?

その仕組みすら今だよくわかっていないのにつれ過ぎる。釣れるがあまりに使うだけで反則とまで言われる始末。

 

しかし、このルアーはあくまでエリア用。

ネイティブで使うには飛距離もでませんし、沈みもせず。流れの中で使うことなど論外。

いくら管理釣り場で釣れようが、やはりエリア用のルアーでしかない。

とのことで、ネイティブのトラウトを狙う人達からは見向きもされませんでした。

 

しかし、ぐるぐるXの野望はついえなかった。

エリアを制覇するだけでは飽き足らず、次はネイティブエリアを制覇しようと試行錯誤を繰り返したのがぐるぐるX/N(ネイティブ)というわけです。

グルグルXの特徴はアイスの棒

ネイティブトラウトをやっている人は、大抵美しいルアーを見慣れています。

そういう人がこのルアーを見た大抵の感想はこんなところでしょう

 

「え、なにこのアイスの棒?」

 

わかってます。

当たりの文字がないことに残念になる気持ちもわかります。

ええ、仕方ないかもしれません。

スミスやらイトウクラフトのミノーやら、カスタムDシリーズのスプーンやらを使っている人間にとって、このルアーはどう見てもルアーに見えない。

 

しかし、ただの棒だと思って甘くみてはいけません。

この棒こそ全トラウトを魅了する恐ろしい魔力を秘めているのです。

グルグルX/Nのスペック

 

グルグルX/Nは5のサイズが用意されてます。

僕が今回購入したのは以前とおなじ10gのモデル。

これが運良く中古ルアーショップにあったんですから奇跡。まさに当たり棒。おばちゃんもう一本ちょうだい。

 

といっても、ぐるぐるXはでてきませんので、スペックをみつつ新しいのを購入するしかありませんよ。

 

【ぐるぐるX/Nのスペック】

5g/全長 38mm/640円
7g/全長42mm /680円
10g/全長57mm/680円
14g/全長62mm/720円
18g/全長62mm/720円

 

グラムごとにつかる場所が変わっていて、5g~7gは河川で。

10g~14gは本流や湖で、18gはレイク用です。

 

カラーリングは全13種類。

全てにシングルフックがはじめから付いているのもありがたい限りです。

 

ぐるぐるアクションで目をまわす

ぐるぐるX/Nのアクションについてはすでにルーア工房Xさんのほうで動画が出ているでの、そちらからチェックすると速いですね。

コメント