パルダムの飼育を開始!エリアトラウト専用トップウォーター

スポンサーリンク
トップウォーター

スミスから販売されているエリアトラウト専用トップウォーター、パルダムをついに手に入れました。

このルアー、渓流でペンシルベイトを使いはじめてから

以前は自作のペンシルベイトを使っていたのですが、ヘドンのザラスプークなども導入し、いよいよ僕のタックルボックスにトラウト用ペンシルベイトが増えてきたのです。

そこにきて、ついに本格的なトラウト用ペンシルベイトとのご対面ですよ。

これを運命(ディスティニー)と言わずして何と呼ぶのか。

まさに出会うべくして出会った僕とパルダム。

その喜びのあまり、僕はついに疑似アクアリウムなるものを初めてしまったのです。

スポンサーリンク

パルダムを飼育してみよう

パルダムを購入した僕は家に帰り、まじまじと眺めていました。

こんな可愛いルーアはそう居ない。

それは間違いないのですが、その大きな目が僕に訴えかけてくるんです。

でも季節は真冬に突入しようという頃で、すぐに釣りにいけない。

しかし水に入れてあげないと、なんだかパルダムが可哀そうで仕方ない。

・・・だったら。

と、僕は思い付き、すぐに水槽に入れてみました。

するとこの通り、なんとも生き生きと泳いでいるじゃありませんか。

僕「可愛いよ、可愛いよパルダム・・・おーよしよし!」

 

と、水槽の中をスーっと無表情で泳ぎ続けるパルダムの姿を眺めていました。

これは最近僕がはじめた疑似アクアリムというもの。

説明しましょう。

実は最近、アクアリウムを始めようと思っているのですが、生き物を飼う上で非常にプレッシャーが高い。

もし、飼育に失敗したらどうしよう。

僕みたいなダメ人間に、アクアリウムなんて出来るんだろうか?

もし今以上の貧困に陥って餌代すら買えなくなったらどうしようか?

なんて不安に駆られていたのですが、ある時ふと思ったのです。

 

そうだ、まずはルアーを飼ってみよう。

 

と思い、自分の力でルアーを飼育することにしたのです。

疑似アクアリムのメリットは、何と言っても手間のかからないこと。

濾過もポンプもサーモもクーラーも水草も必要なし。

もちろん水質管理の必要もなく、お風呂に入った残りの水を入れても問題ありません。

さらに飼育の末、雌と雄のルアーを要れたなら。

絶対交尾するじゃないですか?

そうしたら、絶対卵産むじゃないですか?

羽化するじゃないですか?

ルアーの幼魚が生まれるじゃないですか?

もう無限ルアー発生装置じゃないですか?

ああだめだ、もうだめ、もう夢しか含まらない。

あまりに天才すぎる。ごめんみんな神の領域まできたわ。ついに完全永久機関を作り上げる男になったわ。

これでルアー購入という資本主義スパイラルから抜け出し、釣りを完全独立した自らのためのミクロ主義としてスタンドアローンできる。

というわけで、まずは僕が飼育するパルダムちゃんについて詳しく解説したいと思います。

スミスのウッド性ペンシルベイト

パルダムはスミスのウッド製ペンシルベイトです。

コメント