ジャクソンのダニエルに7gと14g登場!トラウトに本腰か【レビュー&インプレ】

スポンサーリンク
メタルジグ

ついにジャクソンがダニエルの7gと14gを発売。

こいつはウカウカしてられないわけでお久しぶりですαトラウトです。

 

ここ最近何かと忙しくてブログの更新が進まなかったのですが、思ったよりもアクセスが集まっているということもあり再度復活してきたわけです。リジェネ―ション。

 

さてしばらく記事を更新しないうちに自分的には大ニュースだったのがジャクソンからダニエルの新たなサイズが発売されたこと。

 

しかもそのサイズは7gと14g

このブログでもそれはそれは何回も「ジャクソンさんはよダニエルのネイティブトラウトモデル出してくれよ」という記事を書いてたんですが、それが2018年になりいつの間にか市場に出回りはじめているではないですか。

しかし、その量はさほど多くない様子。

たぶんジャクソンさん的には「なんかネットでネイティブモデルのサイズ出せ出せうるさいやついるから試しに出してみるか」的な感じなんでしょうよ。

はいそうです。それが僕です。

 

というわけで、おそらく量も少なく貴重なモデルになってしまいそうなダニエルの7gと14gをさっそく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ダニエル7gと14gのスペック

(画像引用元:ジャクソン公式ページ)

ジャクソンから2018年に入り新たに発売されたダニエルの7gと14g。

 

ちなみに「飛びすぎ」の名が付くダニエルはソルトゲーム仕様でトレブルフック×2が標準装備。ダニエルという名前だけのモデルがトラウト仕様となっておりリアのシングルフック一本になっています。

それにしても、この発売を待っていたのは僕だけじゃないはず

僕なんてダニエルの7gが出ないこともあって自分でダニエルのカスタム版である「鉄男」なる自作メタルジグを作っている位ですからね。

トラウト用自作メタルジグを作っています
こんにちはαトラウトです。 道北はすでに秋も深まっています。 北海道って景色が良いんですが、最近の天候はどうにも荒れ気味。 ずいぶん前はこなかった台風なんかも合わさり、河川は常に増水&濁り状態です。 女心と秋...

7gと14gで新たに発売されたダニエル。

実のところ、14gに限っては「飛びすぎ」のほうですでに発売されていましたよね。

けれど、今回はスペックからもわかる通りネイティブトラウト仕様になっており、今までのダニエルとはまるで別物になっています。

 

ダニエルはトラウトの口に合わせてサイズダウン

 

今回の7gと14gはネイティブトラウト用に設計を見直された新たなダニエルと見ていいでしょう。

 

というのも、以前まで発売された飛びすぎダニエル14gは61mmだったのに対して、今回の14gは57mm とサイズダウンされています。

 

このサイズダウンはトラウトの口に合わせたものでしょう。

トラウトは大抵6㎜以下のベイトを好む生き物ということもあり、ネイティブでのトラウトフィッシングでは57mmは都合の良いサイズなわけです。

 

さらに7gになると46㎜になり相当小型化されています。

小さな餌を好むトラウト向けにダニエルを改良しているのが良くわかりますね。

ネイティブエリアでの使い方

 

さてネイティブフィールドを攻略するために設計が見直された新なダニエル。

これをフィールドでどう使うのかスペックを元に考察です。

 

湖などの広大なエリアの攻略

 

今回のダニエル14gと7gはトラウトフィッシングの中でも広いフィールドを攻略するためのモデルだと見ていいです。

というわけで、真っ先に使うべきは湖などの広大で水深のあるエリアでしょう。

今までスプーンやシンキングミノーでは届かない距離まで飛ばせ、なおかすサイズダウンで挑めるというのはダニエル最大のメリットだと思います。

コメント