渓流でスプーンを使えばきっと幸せ

スポンサーリンク
タックル考察

今回は渓流でスプーンだけを使った釣行記事になります。

やはり夏は渓流。

という風潮があるのかわかりませんが、こう暑くなると涼しいところで釣りがしたいと思うもの。

それはお魚さんも同じで、とにかく水温が低い所を目指して渓流に様々な魚が集まってきています。

ただ、それは魚に限ったことではなく、人間も同じ

このαトラウトも「なんだ盆休みなのに仕事振って来るとか意味わからないもうやめて本当に」とか文句をいいつつも、やっぱり金が無いから仕事をする哀れな男。

こんな現実もう嫌だ。

と、いつもの合言葉と共に流に向かうことにしました。

しかも、ルアーケースにスプーンだけを入れて。

スポンサーリンク

渓流でスプーンだけの釣りがしたくなった

この日も僕は朝の2時間を使い渓流に入ることに。

向かったのは先日新規開拓でやってきた場所。

僕が普段行く所と同じ位マイナーな場所ですが、川幅が多少広いのと、雨が降った後の増水に期待して入渓したわけです。

そこで愛用の鱒レンジャーのガイドにラインを通して、今日はどんなルアーにしようかと考えたのですが、ここはスプーンで行こうと急に思い立ったわけです。

このミノーイング全盛期。

小渓流ではミノーを使うのが当たり前になっていますし、スプーンを使う人の割合がかなり少ないですよね。

ですが、貧乏人のαトラウトは基本的にミノーよりもスプーンのほうが使用率が高いです。

なぜかってそりゃ、ミノーなんてロストしたら危ないじゃないですか。

最近の研究によれば、貧困層が1000円以上のミノーをロストした場合の突然死のリスクは、中年男性のガンによる死亡率を超える。

さらに年収300万円以下の中年男性が1500円クラスのD-コンを無くした場合、その場で即死することすらあえりえる。

そんなリスクを考えると、やはりミノーイング中心で釣りを組み立てられない。決してブラジルのスラム街でなく、この美しい渓流ですら貧困と死は常に直結しているのです。

そう、だからこそのスプーン。

僕のような貧困層にとって、スプーンは身を守るためにライフジャケットよりも重要なアイテムなのです。

最初に渓流で使うスプーンはこちら

というわけで、渓流という名のスラム街に住む僕にとっての1番バッターであるスプーン達のご紹介です。

僕が使っているのは新品でも安いもの、それか高いものは中古を使っています。

中にはい超激安の単価100円スプーンを改造しているものもありますし、根掛しやすいポイントでは、スプーンは自作したものも使ってますね。

スプーンは渓流ナンバーワンのコスパルアー

渓流でのルアーフィッシングにおいて、やはりスプーンは最強のコスパルアーではないかと考えています。

コメント