嫌な朝はスプーンで渓流を楽しむしかない!使い方とか色々解説

スポンサーリンク
スプーン

今回は渓流にスプーンオンリーで釣りに行った話しです。

スプーンだけで渓流に行くっていうのは久々です。

いつもはミノーもスプーンも使い分けてますし、何かとミノーイングばっかりやってましたからね。

けど「うん、今日はスプーンだけでやろう」

と思ったその日、タックルボックスにミノーを入れずに渓流へと向かいました。

今思えば、なんでミノーをもって行かなかったのかわかりません。

ただ、久しぶりにスプーンだけの釣りがしたくなったからかも。

もう季節は秋だし、魚も活性が上がりはじめてきたし、トラウトには絶好のシーズン。

そんな時こそ、スプーンでテクニカルな釣りを楽しむのが何かと楽しいんです。はい。

スポンサーリンク

渓流にスプーンだけ持ってきた

その日向かったのは、やっぱり何時も行く渓流。

場所は天塩川支流ですが、僕が行く所では一番の人気スポットかもしれない。

といっても、元から魚影もさほど多くも無いし、唯一良いのは渓相くらいのも。

ていうか、ここに来る目的の大体がこの景色を味わいに来てるところはありますけどね、実際。

てなわけでマイナスイオン全開の渓流に入って投げるのはやぱっりスプーン。

なんせこの日は冗談でもなんでもなくスプーンしか持ってないですからね。

でも、スプーンて言っても一個じゃありませんよ。

今回は色々な種類を使う分だけ持ってきて、そいつをポイントごとにローテーションしながら魚を釣っていく作戦です。

一応スプーンの釣りの動画も作った

まぁ一応ですが、渓流でやったスプーン釣行の動画も作りましたよ。

しかし、どうにもテクニックなんかを語るよりもポエミーな方向に進んでしまった挙句、冒頭はほぼ愚痴で終わるという最低な仕様になってしまいました。本当にすいません。

まぁそんな感じで、謎の短編映像と化した動画では伝えきれなかった「渓流スプーンの魅力」の部分については、このブログ記事にて詳しくお伝えできればと思います。

渓流のスプーンを使った釣りはローテーションが効く

渓流でスプーンを使う場合、ポイントごとに重さを使い分けるのが一番釣果が出ます。

なんでそうなるの?って思うでしょうが、そもそもスプーンに限らず、ミノーだってポイントごとに重さを変えるほうが釣れるんですよ。

けれど、ミノーイングの場合はそこまで繊細になることが少ない。

なぜか僕も理由はわかりませんが、とりあえずサイズ感が合ってればトゥイッチ連発でなんとかなる!っていうのが大きな原因かもしれませんね。

けれど、スプーンの場合はもう少し繊細になって、ポイントごとにベストなスプーンを使うっていう考えのもと、こまめにルアーをチェンジしちゃいます。

ていうのも、スプーンっていうのはただ巻きが基本です。

投げて巻くことでアクションを出すし、レンジだってキープする。となれば、ルアーの重量や形状によってレンジのキープ能力もアクションの質も大きく変わる。

その結果、ルアーの重量をグラム単位で変えるだけで、明らかに釣果が変わってきます。

基本はボトムより少し上を引けるようにスプーンを選ぶ。

浅いところでは軽いもの、重い場所では重く沈下速度が速いものをセレクトする。

ついでに言えば、カラーだってスプーンは結構重要。

エリア程じゃありませんが、渓流でもその日の当たりカラーは確かに存在しますね。

まずは瀬の中をエリア用の軽量スプーンを通していく

まず僕が攻めはじめたのは、浅い瀬の中。

この時期はヤマメが瀬に入っていることが多いので、当然攻めるべきポイント。

この日は減衰もあり、水深20㎝も無いかって勢いでしたが、それでも水温がまだ高いので、ヤマメは普通にういった場所に入り込んでいます。

で、こんなところを小さな渓流で釣り上がりで狙うには、エリア用の軽量スプーンがかなり便利なんですよ。

僕が使ったのはダイワのムーバー1.8g、カラーはオレ金。

なんで渓流で管理釣り場用?

って思うかもしれませんが、こういう激浅の瀬の中を釣り上がりながら通す場合、軽くて小さいスプーンのほうが確実に釣果が出ます。

コメント