ラパラのcountdown elite35は渓流性癖をぶっ壊すヤバい代物だった(レビュー)

スポンサーリンク
ミノー

カウントダウンエリート35のレビュー記事ですよ。

ラパラから発売されたeliteシリーズは僕もお気に入りで使ってるんですが、この35は渓流用として遺憾なく威力を発揮してくれるアイテム。

特にヤマメ、イワナというターゲットに対して優れたサイズ感、渓流にばっちりのフォール速度とフラットサイドボディのヒラ打ちが魅力。

さらにエリートの美しい塗装とカワイイフォルムのバルサーミノーというのも良い。

正直現在ラパラから発売されてるミノーの中で、一番渓流に適していると感じている。

ただ、ただ巻性能は従来のCD3のほうが若干上な気もするので、トゥイッチを使う釣りにおすすめ。

ちなみにフック&スプリットリングも交換推奨!

ラパラ好きの渓流アングラーの皆様はすでに買ってると思いますが、まだ買ってない人は試しに釣り具屋さんにゴー!

スポンサーリンク

ラパラのカウントダウンエリート35とは?

ラパラから発売された新なeliteシリーズ。

実測サイズは4㎝、3.5g以下といった感じなんで、パッケージに記載されている寸法や重量とは若干の違いがあるのがラパラらしいところ。

(ちなみに重量が軽くなるのはバルサ材の乾燥があるので仕方ない)

リップは小型で薄いものを使ってるし、バルサなんで外れやすいところもラパラらしいですが、通常のCD3のほうが外れてたので、なんか強化されてる感!(たぶんリップが柔らかくなってるから?)

じゃぁお気に入りはどこかって、やっぱデザインですよね。

僕は今発売されてるルアーの中じゃ、このエリートが一番気にいってるんですよ。見た目が。

特に塗装が良い、なんか日本のセンスじゃないんだけど、だけど日本的なところがある感じ。

デザイナーさんはラパラ本社の人なんでしょうが、なじみのあるヤマメ系カラーにチャートバックのビビットさが「海外で作った日本の渓流ミノー感」があっていいんですよ。逆くに。

ボディの厚みが神経質な渓流魚にあまりにジャスト

上が55で下が35

この35が発売される前、僕は渓流でCDEL55を使っていました。

こちらもカワイイ&カッコイイバルサミノーで、ニジマスやらアメマスを釣って随分楽しませてもらったんですが、渓流で使う際にはある問題点がありました。

それは、ボディの厚みです。

ある程度サイズのある魚を掛けるのにはまったく問題ないのですが、ヤマメ河川に入るとどうしてもフッキング出来ない事が多い。とくに神経質な渇水の時などは。

もう少しボディが薄ければ、ここでもエリートで釣れるのになぁ・・・と思い、日本製の薄型扁平ミノーにチェンジしてスグにヒット。

ということがあって、小さい魚にはあまり向いてなかったんです。

だから、ワンサイズ小さい35が出たら、ヤマメを釣るにも凄い向いてるのになぁ・・・

と思っていたところ、よりボディが薄くなっている。

ありがてぇ・・・こりゃありがてぇよぉ・・・・

この薄さなら間違いなくヤマメも大好き。

ちなみにダイワのシリバークリークミノー・スローフォールカスタムとほぼ同じ厚みです。

ただ、フォール速度はこっちのほうが速いですけどね。

コメント