タックル考察

タックル考察

渓流でスプーンを使えばきっと幸せ

今回は渓流でスプーンだけを使った釣行記事になります。 やはり夏は渓流。 という風潮があるのかわかりませんが、こう暑くなると涼しいところで釣りがしたいと思うもの。 それはお魚さんも同じで、とにかく水温が低い所を目指して渓流に...
タックル考察

クランクベイトで渓流トラウト!なんか巻きで食ってくる

渓流トラウト(ヤマメ・ニジマス)をクランクベイトで釣っていく記事です。 暑さも少し抜けはじめた今日この頃。 いまだ水温も20度越えの状態が続いておりますが ヤマメ様、ニジマス様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか? ...
タックル考察

渓流餌釣り入門!はじめてのタックル選び

渓流餌釣りを始めることにしたαトラウトの準備編です。 ルアーフィッシングをやってきた僕ですが、じつは餌釣りの経験が殆どないのです。 思い返しても小さい頃にハヤとかフナを釣ったりとかした位。 大人になって一番よくやった餌釣り...
タックル考察

鱒レンジャーにPEラインを使うと渓流ミノーイングが楽しくなる

先日購入した鱒レンジャーをPEラインでミノーイングしてきた記事です。 鱒レンジャーで渓流ミノーイングといえば、鱒レン使いの人は誰もが思うでしょう。 「そんなバカなまねはやめて、とっととファインテールでも買っとけよ」と。 確...
タックル考察

渓流ルアーフィッシング入門!底辺層が用意すべきタックルをガチで考えた

今回は渓流ルアーフィッシング入門についての記事です。 で、いきなりですが渓流ルアーフィッシングの大事なこと。 それは、様々な煩悩を取り払うこと。これにつきます。 釣りの道を究めんとするもの、悟りを開いていてこそ本当の釣り士となるのです...
タックル考察

PEラインのリーダーはファイヤーノット派な僕

今回はファイヤーノットについての解説記事です。 いや、その前にですよ。 現在新しい仕事がついに決まってしまったわけで。 正直釣りなんてやってる場合じゃないっていうわけで。 でも結局このブログを書いたあとも釣りに行くっ...
タックル考察

渓流でダイソーのラインを使い続けた結論

ダイソーラインを渓流域で使いまわした記事になります。 実はαトラウト、そんな高いラインなんて使ったことないんですよ。 と言われると、きっと驚きますよねみなさん。 見えます、みなさんが椅子から転げ落ちたあとに「お、オ...
タックル考察

渓流クランクベイトでトラウトを釣ってみたい

なんか渓流でクランクベイトを使ってみたい。 そんな衝動に駆られたせいで、なんか色々と集めてみました。 もちろん中古で。 というわけで買ってきました。 左から激安で有名なダイワピーナッツ で、激安クランク...
タックル考察

トレブルフックって最初から付ている意味があるの?【シングルフック論】

シングルフックか、それともトレブルフックか? トラウトフィッシングにおけるこのテーマ。 かけるためならトリプルが良いと言われておりますが、これはキノコの山、タケノコの里戦争よりも根深い争いだと感じているαトラウトです。 ...
タックル考察

Zombait(ゾンベイト)が死んだ魚をゾンビ化させて本気で怖かった

こんばんはαトラウトです。 年始早々何かと忙しかったわけですが、とにかくこれだけあ記事に書いておかなければ。 そう思わせたのが、クラウドファウンディングによって作られた新たな釣具。その名も「Zombait(ゾンベイト)」 ...
スポンサーリンク